10月の『読書会』 

  • 2017.10.16 Monday
  • 11:00

皆さま、今回もよろしくお願いします<(_ _)>







上はチビたちの今朝の写真でございますけど、下は先週末に『読書会』へ行った際に撮ってきたものでございます(^.^)

今月も『初めてスピリチュアリズムを学ぶ会』は無事に終えることができまして、早速、各自の感想もアップさせて頂いておるんですが、内容は『シルバーバーチの教え(上)霊的進化の道を歩む神の子供たち』と、普及会さんからの『シルバーバーチの霊訓の画期的な「善悪観」』でして、それぞれ音読&輪読をしながら学習したんでけど、どちらも改めて勉強になるところばかりでして、また普段の中の「霊的視野」に取り入れることができたかなと思っております。

もぅすでに、もぅ一つのブログほうではその一部を引用しまして、更新をさせてもらいましたけど、相も変わらずリンクに貼らさせてもらってます、自分とこと『全国のシルバーバーチ読書会』さんのPRも兼ねておりますが…

やっぱしこれからブログや読書会やサークルを起こされるであろぅ全国の同志さんへのエールと、まだまだ眠ったままの将来のスピリチュアリストさんの発掘をしていくことは、やっぱし私たちが現場の人間として、して行かなアカン『心のノック』をすることやと思いますので、おこがましいですがブログを発信することで、それをさせてもらってる次第でございます<(_ _)>


でもこの動機は間違ってないと思っております。

だからこそ読書会の告知も認めてくださってるんやと思いますが、こぅして発信し続けておればそぅ遠くない将来にはきっと、「スピリチュアリズム・ブログ」も多く発信され、サークルも読書会も今以上に活発になってくるんじゃないかなと、大きな期待を持っておりますじゃョ(^.^)

ともあれ、この動機を忘れずに育みながら頑張って行きますじゃ(*^^)v


さてさて、『10月の読書会』の続きでございます。

前回までは頂いたレジメの2ページ目まで進みまして、3ページ目に入っていくんですが…


     幽界でのプロセス2


この「幽界での霊的純化プロセス」を何とか終了しますと、いよいよ本格的な「霊界」へと進んで行くことになります。今回からはこの「霊界での生活」を一緒に学習して参りますが、もぅお馴染になった以下の構図を頭で描いてくださいますと、より理解が進んでくると思います(*^^)v


            シルバーバーチの死後世界観

     霊界の環境とそこでの生活


 あなた方はまだ、霊の世界の本当の素晴らしさを知りません。肉体の牢獄から解放され、望む所へは自由に行け、心で考えた形を取って眼前に現れ、好きなことにいくらでも専念でき、お金の心配がない……こうした霊界の生活と比べることができるものは、地上には存在しません。あなた方はまだ霊的世界の喜びを味わったことがないのです。

 地上の人間は、美しさの本当の姿を理解することはできません。霊の世界の光、色彩、景色、樹木、小鳥、川、渓流、山、花、こうしたものがどれほど美しいか、あなた方はご存じありません。

 地上の人間にとって「死」は、恐怖の最たるもののようです。が、人間は死んで初めて生きることになるのです。あなた方は自分では立派に生きているつもりでしょうが、実際にはほとんど死んでいるも同然です。霊的なことに対しては死人のごとく反応を示しません。小さな生命の灯火が粗末な肉体の中でチラチラと輝いてはいますが、霊的なことはいっこうに反応を示しません。ただ、徐々にではあっても進歩しています。私たちの働きかけによって、霊的な勢力が物質界に増えつつあります。霊的真理の光が広まることによって、暗闇は後退しつつあります。

 霊の世界は地上の言語では表現できません。譬えるものが地上界には見いだせないのです。あなた方が“死人”と言ってる霊界の者たちの方が、あなた方よりも生命の実相について、はるかに多くのことを知っています。

 こちらの世界に来て、芸術家は地上で求めていた夢をことごとく実現させることができるようになります。画家も詩人も大きな夢を達成することができます。与えられた才能を思う存分発揮することができるようになるのです。こちらの世界では、あらゆる才能や素質は、お互いに奉仕するために用いられます。霊界における以心伝心の素晴らしさは、ぎこちない地上の言葉ではとても表現できません。心に思うことが霊の言語であり、それが電光石火の速さで表現されるのです。 

 こちらには、金銭の心配がありません。生存競争というものがありません。弱者がいじめられることもありません。霊界での強者とは、弱者に手を差し伸べる力があるという意味だからです。失業などというものもありません。スラム街もありません。利己主義もありません。宗派もありません。経典もありません。あるのは大霊の摂理だけです。

(スピリチュアリズム普及会さん『シルバーバーチの教え(上)』P184/7〜P186/3より引用)


 地上のいかなる天才的画家も、霊の世界の壮大で美しい眺めを絵具で描き出すことはできません。いかなる天才的音楽家も、その音楽の素晴らしさを表現することはできません。いかなる名文家も、霊界の美の一端さえ地上の言語で書き表わすことはできないのです。そのうちあなた方も、こちらの世界へ来られます。そしてそのすべてに驚嘆なさることでしょう。そのときあなた方は、真の意味で霊界を知ることになるのです。

 地上は今まさに五月、周りは美に包まれています。皆さんは大霊の顕現を至るところで目にしています。生命の息吹が辺り一面に広がっています。そして皆さんは花の美しさや芳香に触れて、神の御業は何と偉大なことかと感嘆しています。
 
 しかし、その美しさも霊の世界の美しさに比べるならば色あせて見えます。霊の世界には、地上の誰ひとり見たことがない花があり、色彩があります。地上にはない風景や森があり、小鳥もいれば植物もあります。小川もあれば山もありますが、どれ一つ取っても、地上のそれとは比較にならないほど美しいのです。

(スピリチュアリズム普及会さん『シルバーバーチの教え(上)』P186/後ろから1〜P187/後ろから3より引用)



私事ですが昨年は母を亡くし、今年は親父殿を亡くしておりますので(今週末、例の件で墓参りにいきますが…)、以前よりも不思議とこのシルバーの言葉を読むと、早く幽界にも霊界にも行きたい気持ちが出て参ります(笑)

それは今がキツイ生活でもあるからやと思いますが、ここを何とか乗り越えて幽界へいくと、おそらく何倍にもなって喜びがやってくるんでしょうねぇ(*^^)v


ですがこの「霊界の環境」の中で大事なところは…

 ・法則の中で最も重要なのが“利他性の摂理”である

 ・『霊界での強者とは、弱者に手を差し伸べる力があるという意味だからです』

ここになるかと思うんですけど、今回の締めくくりは主催者さんの言葉を拝借いたします<(_ _)>


“人のために役に立つ努力を、どんどんしてください!”


ではこの辺で失礼いたします(^.^)

今回もお付き合いくださいまして、ありがとうございました<(_ _)>



     秋バージョン


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM