2018.6月の『読書会』

  • 2018.09.02 Sunday
  • 19:05
     
        


        よろしくお願いします<(_ _)>





        (ほんまにこのガキンチョはしつこいなぁ〜……)




        



●シルバーバーチの神観のポイントぁ宗柔殕(法則)としての神


         




・神は“摂理”を設け、それを通して被造世界と被造物を創造し、支配し維持・運行するようにした

  神の摂理の完璧性は神の完全性・絶対性・全智全能性をしめしている
   (摂理の完璧性=神の全智全能性の表現)
  摂理の働きの中に、神の姿を間接的に見ることになる

“摂理の神”は、シルバーバーチの神観の最大の特色、シルバーバーチが人類史上初めて
 明らかにした画期的な神観 → 従来の宗教における信仰を、根底から覆すことになる

・摂理の支配によって、神は被造世界と被造物の全てを知り、完全に把握している

・摂理の支配のため、神と無縁の人間は存在しない(誰一人忘れられていない)

・摂理の支配のため、神は人間と全生命体を完全平等・完全公平に扱っている



人間が「神」と呼んでいるのは、宇宙の自然法則のことです。
(『シルバーバーチの教え』(上)P77/5)

 私たちは、大霊(神)とは何かを明らかにしようとしていますが、それは摂理を通して大霊を明らかにすることにほかなりません。
(『シルバーバーチの教え』(上)P105/4〜5)

 大霊がすべてを知り尽しているのも、法則だからこそです。法則だからこそ何一つ見落すことがないのです。法則だからこそ人生のあらゆる側面がこの大宇宙にあってその存在場所を得ているのです。人生の全側面が、いかに些細(ささい)なことでも、いかに大きな問題でも、けっして見逃されることがありません。すべてが法則によって経綸されているからです。
 法則なくして何ものも存在し得ません。法則は絶対です。人間の自由意志が混乱を惹き起こし、その法則の働きを見きわめにくくすることはあっても、法則そのものは厳然と存在し、機能しております。わたしは、神学はこれまで人類にとって大きな呪(のろ)いであったと信じます。しかし、その呪われた時代は事実上過ぎ去りました。

(『霊的新時代の到来』P77/後ろから4〜P78/4)

 物的世界は、他のすべての世界と同じく、絶対不変の摂理によって支配されております。
その摂理は無限の過去から存在していましたし、これからも無窮の未来まで存在し続けます。
予期しなかった事情が生じて改めざるを得なくなることはありません。これまでの摂理では
間に合わない新たな事態が生じるということも絶対にありません。その作用は完ぺきであり、
停止することも、無効になることもありません。無限の知性によって考案されたものだからです。
 生命の存在するところには必ず摂理が働いております。原因には必ず結果が生じます。
タネ蒔きには刈り取りが付随します。その因果関係に干渉して、生じるべき結果を変えてしまう
ような力をもつ存在はありません。地上世界のどこで何が起きようと、それも摂理のもとに生じて
います。突発事故も偶然の出来事もありません。大自然の摂理はありとあらゆるものを包摂しております。
 こうした事実は、その背後に崇高なる知性が存在してそれが摂理を生み出し、万物の全側面と全活動を維持・管理していることの証ではないでしょうか。同時にまた、その全摂理を通じて愛が支配し、したがって完全なる公正が行きわたっているのに違いないことを暗示していないでしょうか。

(『シルバーバーチの霊訓』(11)P89/5〜〜P90/3)

 今あなたは神を大自然の法則と同一視しているとおっしゃいました。しかし神は大自然
の法則よりもっと大きい存在です。なぜなら、その法則を支配しているのは神だからです。
神とはその自然法則と同時にそれが作動する仕組みをもこしらえた無限なる知性です。

(『シルバーバーチの霊訓』(11)P107/後ろから5〜3)



     


        うん。葵ちゃんが思うよぅなことも思うんやけど、
        日本のことにしろ世界のことにしろ、
        あんまし詳しいことを知らんままに考えてる場合が多くてな?
        後で本当のことを知って爐△蠅祕磴辰拭?瓩討覆海箸發茲あんねん(笑)

        ほやから起こってしまってる事は分かりやすいんやけど、
        ここでシルバーが言ってることやレジメでまとめてくださってることを、
        より自分なりに合点させるには……
        やっぱし自分に置き換えて見てみるのがええと思うなぁ〜(^.^)

     


        正解!(笑)

        実は明日なぁ?、
        自分とこの読書会(11月分)の予約と支払いに行ってこなアカンねん(+o+)

        なんせその地域では一番人気の教室なもんで、
        今月みたいに土曜・日曜が1日・2日となった場合は、
        その地域の市民の人も、直接現場に行って予約せなアカンのょ?

        んなもんで、市民じゃないこっちと「よ〜いドン!」の競争になんねん(>_<)

        それが決まりになってるから仕方ないんやけど……
        そのために先ず朝の9時キッカリに確認の電話を入れて、
        10時には出発せなアカンゎ!

     

     


        まぁ〜、爐修鵑並膩矯世覆 繊(笑)瓩辰道廚錣譴襪笋蹐イ韻鼻
        普段の中にも必ず「霊主肉従・肉主霊従」と入れ替わるやんかぁ〜?

        そりゃなんでやねん?っていぅたら、
        そりゃもぅ「霊も人間(動物)」もやりながら、
        『摂理(法則)』の中で管理されてるからなんょ?

        そやから狄佑離侫蠍て我がフリ直す!瓩里發△蠅も知れへんけど、
        先ずはそぅ思う前に、自分を鑑みるのも大事なんと違うかなぁ〜(^.^)

        てか、こんだけサボっちまぅと自分の変化を見た方が、
        今回の「摂理の神」は分かりやすいなって思ったゎ!(笑)

        

   


        エヘンッ!……(・・;)

        そ、それじゃ皆さま、今回はこの辺で失礼いたします(^.^)

        


        ありがとうございました<(_ _)>






この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM