2018.5月の『読書会』(前置きの感想)

  • 2018.05.13 Sunday
  • 17:24

皆さま、今回からもよろしくお願いします<(_ _)>


あいにくと本日(5月13日)は雨模様でございまして、『関西SB読書会 日曜日組』の皆さんは足元も服装も濡れながらのご出席となってしまわれましたが、土曜日は晴れておりました。

できたら両日ともに晴れて欲しかったんですが、ご出席には大変でしょうけど、雨は雨で、また違った雰囲気の中で学習ができるところがございますので、どぅか頑張ってくださいませ<(_ _)>


さて先月は『救済の観点からみたスピリチュアリズムの全体図』を学びましたが、今月は『宗教の観点からみたスピリチュアリズムの全体図』を勉強させて頂きました。

しかしこの両方を学ぶといぅことは、スピリチュアリズムそのものを学ぶことに等しく……

爐匹イ靴特肋紊砲癲悒好團螢船絅▲螢坤牘親亜戮霊界主導によって展開されるのか?

爐修發修癲△匹イ靴討修良要があったのか?……

この素朴な疑問に応えてくれるのが、前月と今月の学習でございました。


個々の『霊的知識・真理』を知り、それを自分の生活の中に取り入れるのもプラスにはなりますが、それではいつまで経っても「点と点を知る部分的学習」にしかなりません……

そのためにシルバーバーチを初めとする『高級霊界通信』が降ろされたのではないんです(>_<)

また、そればかりの学習だと私たち地上の人間は、どぅしても自分で自分をフォローしたい欲求がでてしまいますので、都合の良い解釈しかしないんですょねぇ(*_*;

こぅなってくると、せっかく『摂理(法則)・霊的知識・霊的真理』に触れているのに、その本質を見ないまま、活用をしないままに終わってしまいます……


ここでちょっと余談ですが、『内省』といぅ言葉を私は良く使います。

『内省』と聞かれると、自分を反省することだったり、自分を見つめ直すことだとお思いになるかと思いますが、何が本当で何がウソかを『霊的知識・真理』に求めた結果、辿り着くのが皆さんも同じく『スピリチュアリズム普及会』さんでございました(^.^)

今はどぅか分かりませんが、その当時、普及会さんへ連絡をして霊訓を購入いたしますと、霊訓と合わせて必ずニューズレターを頂けたんですねぇ(^.^)

そのニューズレターの創刊号には……


シルバーバーチをはじめとする高級霊の説くところは、内省・自己反省であり、無償の奉仕であり、エゴとの闘いであり、神への祈りであり、利他愛の実践であり、全てが信仰的内容なのです。真理を知って、それだけでよしとするような姿勢に対しては、むしろ、それをエゴとして考えているのです。
(スピリチュアリズム普及会さん『ニューズレター創刊号』より引用)


この一文を述べられています。

私がいつもいぅ『内省』はここを意味しています(^.^)


『関西SB読書会』さんへ参加して勉強をする――以前はこれさえできていればOK!瓩澆燭い覆箸海蹐あり、爐△箸浪燭鬚笋辰討い討蘯由だ!瓩隼廚すんでたときがありました(笑)

月に一度、主催者さんやメンバーの人とお話しすることが楽しくてしょ〜がなかったんですが、それができることが、スピリチュアリズムをやってることだと勘違いしていたんですねぇ(*_*;

勿論、そこから主催者さんに引っ張って頂きまして、霊訓の言葉では語られない私だけの『法則(摂理)』、即ち『内省』を深めていくことになったんですが、上の一文にも書かれているよぅに、『内省・自己反省、無償の奉仕、エゴとの闘い、神への祈り、利他愛の実践』は自分に置き換えた場合、もぅ手探りしかありませんでしたじゃョ(>_<)


てか、ここから逃げることはいくらでもできました(笑)

霊訓を読み、自分は間違ってないことを拾ってくれば良かったですし、もぅメンドクなってきたら、そこから逃避して好きなことに没頭すれば良かったので、ゲームをしたり映画を見たりして、牴兇呂海譴能淑に地上人生を生きてる!瓩隼廚Δ茲イ砲靴燭鵑任(^.^)

でも、そんなときほど頭を打たれましたじゃョ(*_*;

こりゃもぅ冷静に客観的にも見て思うことなんですが、ほんまに「ガツ―ン!」とくる頭打ちでして、もぅ一気に内省へと戻されるんですねぇ(笑)

ほんとに昔っからそんなタチでして、「悪いことしたら速効で罰が当たる!」を地で行っておるんですが、戻されちまったら例え手探りであっても、自分で何とかせなあきません……

もぅこぅなると霊訓に頼っても、本能的な逃避が出てしまいますので無理です。

どぅするか?……


実は意外と思われるかもですが、普及会さんのホムペで片っ端から、そのときの自分を探して行くんです(^.^)


自分で自分をフォローしてる状態ですから、誰もその本当を教えてくれません……

本当の自分の状態を知るには、本当のことを教えてくださってるところに行き、自分自身を洗い直すことが大事なんですねぇ(^.^)

けどこれは人と話をしても見つかりませんじゃ(>_<)

だって人は悪いこともいぅけど、善いことも言いますからねぇ?、結局はオブラートに包んで慰めてもらうことになってしまいますので、また振り出しに戻っちまぅんですょねぇ(*_*;

だったら言い返せない、ストレートな言葉をみたほうがいいです。ただし、それをみても爐修猟未蝓瓩世隼廚┐襪どぅかで、随分と結果も違ってきたりします。


シルバーバーチはどこまでも『高級霊視点』で語ってますので、極めて人間的な部分には形容詞を用いる場合が多く、その漢字の意味をこちら側が理解してないと、自分に置き換えることがなかなか難しいところがありますが、普及会さんが公開されてる『しるべ』は、分かり易くストレートに述べられてるだけに、けっこう衝撃的に自分の中に入ってくるんですょねぇ(^.^)

しかしそれを、爐修譴鷲甬擴颪気鵑言ってることだ!瓩筏馮櫃気譴泙后

実はもぅこの時点でエゴが発生しています……


スピリチュアリストは男性も女性も関係ありません。

女性ならではとか、男性ならではの特有はどぅしても出てしまいますが、こと内面に関してはその差はなく、特有なのはあくまでも本能的な部分に限定されますし、そんなことは女性でも男性でも分かる範囲に留まります。ただ唯一ハッキリ分かれるのは、先輩と後輩の関係なんですねぇ(^.^)

勿論、後輩が先輩を追い越して行くことはザラにあるんですが、内面的なことに関することは、先輩の知恵をお借りするのが一番の解決策になってきます。

要は普及会さんのことを先輩諸兄としてみれるかどぅか?……なんです(^.^)


先ず普及会さんが公開されてる様々な『しるべ』をみるときは、今の自分と同じよぅに「先輩が辿って行かれた道」としてみるべきでして、そこにはほんとに様々な今の自分を見ることができて参ります。

「自己満足・自己顕示欲・名誉欲(名声欲)・権勢欲(支配欲)」は私が勝手に『四大悪欲』と読んでいますが、これも普及会さんから学んだことでございます<(_ _)>

かといって普及会さんオンリーの言葉になってしまうと、言葉自体に翻弄されますので、そぅならないよぅに気をつけなくてはなりませんが……

まぁ〜『内省』ぐらいの答えは仰る通りと思っても間違いありません。

思想レベルのところではシルバーと同じよぅに、全体として何を言わんとされてるかを把握しながらお読みになったほうが、思想が思想を呼んで、言葉だけでそれを繋ぐことも無きにしに在らずでして、私は実際にそぅなりかけたことがありましたねぇ(笑)



余談にしては長いですが、『内省』を一つとっても霊訓から都合良く解釈する場合もありまして、結局のところ、シルバーがこぅ言ってるからこぅなんだと、「自己が可愛い解決」をしてしまう場合があるんです(*_*;


それだと「点の理解・部分的理解」のループに入ってしまい、抜け出せません(>_<)

今の自分は何が善くて何が悪いのか?…何が足りないのか?……

これを全体から眺めて見る。冷静に客観的になって見る。

その善し悪しの基準になるものを、スピリチュアリストの先輩にあたる普及会さんが『しるべ=指針』として示してくださってるので、それを活用しながらじっくりと見ることが大事です(^.^)


これが『自己救済』に繋がって参ります。

そのよぅにして観て参りますと、『救済の観点のスピリチュアリズム・宗教の観点のスピリチュアリズム』の両方は、先ずは自分を救うこと、もっと言えば、自分を解放することになります!(^^)!


全体の観点から自分をもみてい行くことができる。

そして驚くことに、将来の私たちの後輩にあたる同志のことも見えてくる……


ひょっとしたら今の時代の私たちは、一番安定した時代にスピリチュアリズムに出会えて、何も心配せずに思う存分、自分を磨くことができているのかも知れません。そしてその中で何のリスクも負わず、普及活動のお手伝いをできているとしたら……

霊界へ行ってから幸運だったと思うかもです。


このよぅなこともつい考えてしまうのが、今回の学習でした<(_ _)>



さてさて話しは変わり、お願いをさせて頂きますじゃ(^.^)

来週の私の読書会『初めてスピリチュアリズムを学ぶ会』は、メンバーさんがどぅしても外せないご用事がございますので、私一人で行うことになりました。

勿論、それはそれで私の学びにもなりますが、いつも読書会メンバーさんを募集させて頂いてることもあり、せっかくなんでもしも宜しければ、ちょっと覗く見学でもけっこうなんで、どぅぞ当日にいらして見てくださいませ<(_ _)>

私一人でも学びはございます。でもいらしてくださっても学びはございます(^.^)

ただまぁ、私一人でするのはもったいないなとも思うので、その日だけでも来てくださると嬉しく思いますじゃョ!(^^)!


教材とテキストを音読&輪読するだけなんですが、やはり場所的なものなのかどぅかそこに漂う空気感・雰囲気は、一人でも一人じゃない感がヒシヒシと伝わってきまして、キッチリ学習したい思いが出て参ります。


当日は一人でも、必ず午後4時まで教室には居てますので、どぅぞ爐犬稘日だけの参加で行ってみょか?瓩隼廚辰討ださるなら、『夙川公民館』まで足を運んでくださいませ<(_ _)>


では、今回はこれで失礼いたします(^.^)

今回もお付き合いくださいまして、ありがとうございました<(_ _)>




5月の募集



この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM