2018.4月の『読書会』

  • 2018.04.19 Thursday
  • 16:11

皆さま、今回もよろしくお願いします<(_ _)>


今日はこちらの堺市でも、朝から晴天に恵まれておりますが、何でもこの週末にかけては一気に気温が上がるらしく、この土曜日に行う自分の読書会も、行き帰りは汗ばむかも知れませんですじゃねぇ(*_*;

その読書会に当たっては、先月からの宿題が残っておるのでございますが、今回こちらの『関西SB読書会』さんで学習しております『スピリチュアリズム計画の全体像』は、そのまんま拝借させて頂くつもりでして、これを持って『初めてスピリチュアリズムを学ぶ会』でも、新しい方々へのテキストとさせて頂きます(^.^)

これに関しては皆さまもお分かりの通り、これ以上の『霊界主導のスピリチュアリズム運動』を理解して頂けるテキストは他にはございませんので、主催者さんの了解も得て、採用をさせて頂くのでございますが…


もぅ一方のブログでは先月から割とマメに各地で開催されています、私たちと同系列の『シルバーバーチ読書会』さんへのご参加を呼び掛けておるんです(^.^)

これは何となしにですがまるで潮の流れのよぅに、この2018年はまだまだ内奥で「スピリチュアリズムへの炎」を燻ってはる皆さんへの『心のノック』を頻繁にしても良いよぅな気がいたしまして、こちらは本ブログとして勿論ですが、向こうでも頑張って読書会参加への呼びかけをしたほうが良いんじゃないかと思うんですねぇ!(^^)!

と同時にですね、同志の方々への呼びかけもさせて頂いております<(_ _)>


勿論これはまだお会いしたことがない読書会メンバーさんの中にも、燻ってはる方が居られると思ってのことなんですが…

同志の方々の『シルバーバーチ読書会』は全国で20カ所もありますけど、まだまだ各地域に点在しているわけではなく、地図から見ても、この地域やあの地域では展開されておりません。

それはそれで仕方ないことで、だからと言って何も呼びかけまでして煽ることでも何でもないと、お叱りを受けるかも知れませんが…

燻ってはるなら、ポンッ!とはじけるタイミングは、今年じゃないかなとも思うんです(^.^)

季節とかは関係なく春でも夏でも秋でも、今年にはじかれたらどぅでしょうなんです(笑)

こんな思いで、仰るよぅにまるで煽るみたいに、ブログで発信しておるんですが…


こっちの『心のノック』も、決して悪いこっちゃないですょねぇ(*^^)v


強制してるわけでもないですし、間違っても脅迫をしているわけではないです(笑)

やっぱしこの日本だけじゃなく、世界の本当の情勢を知れば知るほど、いくらまだ「スピリチュアリズムの創世記」と言えども、種をまいて芽を出しておかなアカンのは確かなんですから、呼びかけに相応しい年だと思ったら、呼び掛けても良いんじゃないかと思う所存であります<(_ _)>


てか、どっちにしろその判断は皆さんの『自由意思』ですから、どぅにも何ないんですけど…

常に呼びかけをしてみる価値は、あるんじゃないかなと思って居ります(*^^)v


さぁ、その動機といぅのは僭越ながら、この日本で自分と親族、親しい方々のことまでを考えて、将来設計ができる生活を送れる一方で世界では、「地上地獄・暗黒の世界」が現実に在るんですょねぇ…

これを無視して種を蒔いて芽を育てるってことは、流石にできないですじゃょ(>_<)


ところでこの日本で『シルバーバーチ読書会』が増えるってことは、行く行くは海外からも注目をされて、世界でも展開されることを見据えているんじゃないかと思うんです(^.^)

マジであと何十年もしたら、日本語がほんまに達者な外国の人が読書会へ参加されるかも知れないですし、その頃に全国の各地を網羅する『シルバーバーチ読書会』が展開されていたとしたなら、爐犬磧△△燭靴魯▲瓮螢でイギリスでフランスで読書会をします!瓩函△覆辰討るかも知れません(笑)

だって剣道や柔道や弓道も海外でされてる方が多いですし、和裁だって熱心にされてる方が多いですし、日本食なんかはほんまに、どの国へ行っても食べれるよぅになってきました(+o+)

ならば私たちが学んでいる『スピリチュアリズムの思想』だって注目を浴びますょねぇ(*^^)v


年々海外からの観光客が増えていること、そのリピーターが多いことなども見ますと、そぅなって行く布石みたいなモンが、もぅ蒔かれているよぅにも思うんです(^.^)

だったらその中から、ほんとに日本に移住したいと思う人も当然いらっしゃるでしょうし、多分以前に比べたら、そんな人の割合も増加してると思うんですが、それが続いて行くならばこれまた当然、読書会へ参加される人も出てこられますょねぇ!(^^)!

爛轡襯弌璽弌璽舛語ってることを、そのまま実践されている!

てな驚きと、読書会メンバーさんの人格や人柄から感銘を受けてご自身も努力され、ムチャクチャ立派なスピリチュアリストさんになられるかも知れません(^.^)

んでご自身の国へ帰られ、『シルバーバーチ読書会』を開催されるかも…ですじゃねぇ(*^^)v


このためにもですね、読書会が増えて行く意義があると思うんですが、やっぱしその一番の動機はそれも見据えながらも、一人でも多くの方に『スピリチュアリズム計画の全体像』を知ってもらうためだと思います<(_ _)>



 スピリチュアリズムの全体像



この『心のノック』を初めてから来月でもぅ丸二年になるんですが、初めて掲載した構図はこれやったんです(^.^)

それから幾度となく、こっちでも向こうのブログでも載っけておりますが…

とにかく「地上地獄・暗黒の世界」を変えて行くのは、『霊的知識・真理』しかありません。

そぅなれば、「物質中心主義(唯物主義)」が『霊中心主義』になり、「利己主義」が『利他主義』へと変わって行き、『霊的同胞世界・神を中心とする霊的大家族・地上天国(明るい世界)』が実現できるよぅになるんですねぇ(*^^)v


ま、これが私たちの希望であり理想なんですが、『スピリチュアリズム運動』はそれを最終目的にしております。したがってそれに地上からお手伝いをしている私たちは、理想や希望で片付けたらアカンことになるんですねぇ…


でもなかなか普段の生活では、これがピンッ!とこないです(*_*;

いや正確にはピンッ!とこないよぅにしてるところがありまして、ホンのちょっと調べるだけでも、構図に書いてある 銑Δ泙任痢崔肋綯蝋・暗黒世界」の実情と実態が分かって参ります。

ネコと戯れてる最中にも、お菓子を摘まんでるときにも、世界では貧困で飢餓で物を食べれずに餓死していく小さな子供いるんですから、牴燭先進国じゃ!、国連じゃ!瓩噺世い燭なってきますょねぇ(>_<)


でも「飢餓人口」は一時2億ぐらい減ったんですけど、また増えていってるんです。

その理由のトップに先進国を中心にした「肉食」が挙げられまして、中国も日本と同じぐらいの人口が富裕層になっておりますので、もぅいい加減にこっちにも目を向けないと、歯止めが効かなくなってきますじゃョ(>_<)

歯止めが効かないと、それだけ最終目的が送れるってことですねぇ…


ここでは最終目的まで数百年以上と書いておりますが、今は残念ながら、数百年〜千五百年まで掛かるんじゃないかと、主催者さんも仰っておりました。

せっかく飢餓人口が二億も減ってまた増えて行く現状を見れば、そぅ思わずには居られないと思うんですが、その最端たる原因が「肉食」ですから、あっちやこっちやで「肉食をするYoutube」を挙げるのも、止めて欲しいなと思います。別に肉を食べなくても、生きて行けますからねぇ…


しかし上の構図には記載してない、大事な要素がございます<(_ _)>


・霊的知識・真理……受け取る準備が整った者から受け入れられる

・霊的知 → 実践……「霊主肉従の努力・利他愛の実践・苦しみの甘受」


こりゃもぅ避けて通れないことでして、これらをせずに『霊中心主義・利他主義』の実現は無理なんですねぇ。ここが『スピリチュアリズム運動』の難しいところかなと思うんですが、 Ν◆Νイ涼肋綯蝋は、人道的・道徳的見地からも変えて行くことが可能かなとも思います<(_ _)>

こぅ言うとその感じはすると思ってくださるかもですが、実はその3つだけでも、もぅすでに私たちの力だけはどぅにもならんとこまで来てるんです…

だからこそそっち方面でも目には見えなくとも、『スピリチュアリズム運動』は推進されてると思うんですが、それを知る私たちには、教訓にしとかなアカンことがあります。これも学習の一つだったんですが…


・自分が成長するのが先 → 自分より人が先は間違い


これです(^.^)


もぅだいぶん前で『関西SB読書会』さんへ参加し出した頃ですけども、「自分は一番最後にあなた近付いて行きますので、メンバーの皆さんに御心を示してあげてください…」などと、マジで涙ながらに祈ってた時期がありました(笑)

これは犲分ははぐれ者でどぅしよ〜もない人間だ!瓩箸亮虐的な思いから出ていた言葉やったんですが、まさにこの教訓とは正反対の思いになりますょねぇ(*_*;

今は爐海里茲イ砲海イ靴禿慘呂靴胴圓ますので、この動機で間違いがないのなら、私を霊界の道具としてお使いください…瓠宗修海譴暴始した祈りをしておりますが、やっぱし結果として得られるのは、「自分の成長」になってくるかと思います(^.^)

その点からも「先ずは自分の成長が先」っていぅのは正しいと思うんですねぇ(*^^)v

この『道具意識』を持つよぅになってから、少しずつ変わってきたよぅにも思います<(_ _)>


それと、これも学習だったんですが…


・霊的無知……霊界のことが分からない・神のことが分からない


このよぅに言えまして、これが「物質中心主義(唯物主義)・利己主義」の「大本の根本原因」になってきます。

じゃ、このことが分からないっていぅのは、他の何へ繋がってるか?…


・念仏を唱えて幸せにはなれない

・イエスの贖罪で人類は救えない


ですじゃねぇ(^.^)

こりゃもぅ言うまでもなく、キリスト教・イスラム教・仏教では「6つの地上地獄・暗黒世界」から人類を救うことは無理ですし、幸せなんかにはなれっこないです(>_<)

もぅ何百年と、いや、これから最終目的に向かって『スピリチュアリズム運動』が推進されるであろぅ年月に等しい間、これらの既成宗教は存在していたにもかかわらず、戦争は無くなってないですし、貧困・飢餓も無くなってないです。動物虐待も無くなってないですし、環境破壊もそぅです。精神の墜落・退廃も、今の日本の官僚やマスコミや野党を見ればまだまだですし、こんな状況から推測するに、幽界下層で暗躍する連中も多いんだと思います。

何よりも既成宗教は何百年から数千年に掛けて、地上に居る私たちを「宗教による霊的牢獄化」へと導いて来ました。これを別の側面からいぅと、「霊的無知=霊界のことが分からない・神のことが分からない」ことを良いことに、イエスやムハンマドや仏陀の名の下に、自分たちの既得権益と組織エゴを守って来たんですねぇ…


もぅ『スピリチュアリズム運動』が地上で展開されて170年が経つんですから、少なくとも私たち日本人の『再生組』は持って生まれた理性を働かせ、これら既成宗教が間違っていることを認識しても良いと思うんですが…

日本国内において、まだ食べられるのに捨てられている食料(食品ロス)の量は年間約632万トンにもおよぶ。これは、世界で飢餓貧困に苦しむ人々への食糧援助量の約2倍に相当する量だ。

食品ロスを国民1人あたりに換算すると、毎日お茶碗1杯分(約136グラム)の食料を捨てていることになる。日本人は、食料を海外からの輸入に頼りながら、まだ食べられる食料をこれだけ捨ててしまう「もったいない」ことをしているのだ。

(クーリエ・ジャポンさんから引用)

この実態はあきませんじゃょ(>_<)

ほんまに何とかしましょうョ?…です(*_*;


「6つの地上地獄・暗黒の世界」のトップは「戦争」ですけど、ナンボ個人が頑張っても国家戦略も絡んだ戦争には無力です。ほんとに国家レベルで真剣にならんと、恒久的に続いてしまいます…

けども「貧困・飢餓」はこの実態からも、何とか頑張ったら減らせますじゃョ(*^^)v

日本も頑張って飢餓貧困で苦しむ人々に、“「お茶わん2配分」の食料を食べさせてあげましょう!”っていぅ、決して難しいこっちゃない話しなんでねぇ(^.^)


とにかくこの「貧困・飢餓」の問題は、私たち日本人も間接的に関与しているところなので、意識を切り替えて、先ず解決に向かって行かなアカンことやと思うんですが、実は日本国内でも、思うよぅに食べられない人が多いんです(>_<)

そんな人のために、親子で「フード・バンク」に取り組んではる読書会メンバーさんも居られますが、野良猫たちの去勢や避妊に取り組む活動のよぅに、こちらもまだまだ全国規模での普及には至っておりません。

でも賞味期限はまだあるけど食べなくて棄てるんやったら、こちらのほうにも目を向けるべきやと思うんですねぇ…

とにもかくにも海外だけでなく、私たちは国内の貧困と飢餓に対しても「もったいないこと…」をしているのが現状なので、それは知っておく義務があるよぅに思います<(_ _)>


さて今回は「スピリチュアリズム計画の全体図」から見た「概要的要点」とでも言いますか、頂いたレジュメに書き込んだ部分を中心にお送りいたしました。

次回はこの構図の一つずつに対して、シルバーバーチがどのよぅに語っているかを見て行き、今回の『4月の読書会内容』を締め括らせて頂きたいと思っておりますが…

ほんとに恐縮ですけども、明後日は自分とこの読書会でございます<(_ _)>

ですので、次回が来週以降になることを、どぅかご了承くださいませ<(_ _)>


ほんとは今回で終わらせたかったんですが、やはり要点も多く書き込んでおりましたので、もぅ一回に分けてお送りする次第でございます<(_ _)>

でもでもこぅして綴り終えると、生半可な思いでは種も蒔けないですし、芽も育たないよぅに感じられて仕方なかったです…

やっぱし『スピリチュアリズム運動』をお手伝いさせてもらうのは、「霊主肉従の努力・利他愛の実践・苦しみの甘受」からもっと、『霊的視野』を広げたところにあるよぅに思いますねぇ。

それは実践をトレーニングに変えて、試合に臨んで行く感じでもあると思いました…


では、この辺で失礼いたします(^.^)

今回もお付き合いくださいまして、ありがとうございました<(_ _)>




   4月の募集 チューリップ編



この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM