2018.4月の『読書会』(前置き)

  • 2018.04.08 Sunday
  • 15:02

皆さま、今シリーズもよろしくお願いいたします(^.^)


   


またまた唐突にチビたちをご覧頂いておりますが、これは我が家のワンシーンでございまして、たった今撮った撮りたての写真でございます(^.^)

比較的に体格が似ているクロルとミヤンはご覧のよぅに、まるで何かを競い合ってるみたいに取っ組み合いをするんですが、それを上からアウルが見守ってるといぅ場面なんですけども、これが我が家の『女性陣』の日常でもあるんですょねぇ(笑)



こんなことは『4月の読書会』に関係ないと思われたかもですが、考えて見ればこの部屋で動物としての『男性陣』は私一人でして、「ヤンチャな娘たち」に振り回されておりますじゃョ(*_*;

ですが同時に、孤独感とか侘しさの狭間みたいなところからはすぐに解放されまして、そんなんに浸ってる暇はないぞと切り返させてもらえるんですねぇ(笑)


爐◆△泙燭泙燭修鵑覆鵑いイ辰討海箸蓮△泙世泙声藐醂遒気鵑函牒

いやいやいやいや(笑)、守護霊さんも手が出せないときってあるでしょ?(^.^)

勿論、普段は滅多にそんな狭間にはハマることはないですから、侘しいとか孤独は感じないんですけど、ふと生身の人間として「ない物ねだり的」に、自分の弱いところを全部ぶっちゃけられる人が居ればと、思うときがありますねぇ(笑)


けどそれは間違いでして、そんなときこそ守護霊さんに想いを寄せて、気が済むまで語りかけてみるのが良いんですけども、このない物ねだりから来る情緒的なモノはけっこう麻薬的なところがありまして、片足までそっちに突っ込んじゃうと、なかなか脱出することは難しいかと思います。

傍から見ると、ナルシストで自惚れから来てるよぅにも思いますしねぇ(笑)

実はその部分も否定できないところがありますので、なかなか人にも話し辛くなってしまう結果、どんどんその麻薬みたいな世界にハマってしまう傾向があるんですが…

その状況やのに、そぅとは思わずに、上手にそれを回避されてる方も居られます(^.^)


この辺が精神を病んでしまうか否かの境目のよぅな気もするんですが、今回の読書会では意外にも、女性の皆さんはこの辺が上手だなと思いましたし、よく考察してみたら、先輩諸兄の『男性陣』の皆さんもそぅかなと、思ったりもしたんですねぇ(^.^)

決して悪い意味で言うんではないんですが、こりゃ「処世術」でもあるかなと思いました。

これは一般的にはズル賢いヤツのイメージを付けてしまいますが、やっぱし私たちは動物もやっておりますので、本能や肉体的なところからくる情緒的な感情になるときがあります。でも仮にそのよぅになっても、それまで学習をして育んできた『霊的視野』でそれらを払拭し、守護霊さんや霊界人さんの気持ちに近付けるといぅのが、『霊主肉従』の真骨頂でございます。

またそのためにも、「祈りの手段を用いる」といぅことを、私たちは霊的知識として実践をしております。が…


『読書会』の魅力なところはハッキリ言って、助言を頂けることです。

地上でスピリチュアリズムに携わる者として、自分よりも先輩の方々に相談に乗ってもらい、悩んでることや思い詰めてることを解決するヒントを頂けるといぅのが最大の魅力ですょねぇ(^.^)

でもこれは誰でもせなアカンことやと思います。マジで!(笑)

だって、先輩も先輩からヒントを頂いて解決した経験がお有りですし、そぅすることで自分の成長に繋げてこられたのですから、こりゃもぅ、それをして当たり前のことになりますょねぇ(^.^)

これも「祈りの手段を用いた結果」と言えるかなと思います。

そもそも『シルバーバーチ読書会』への参加は、守護霊さんの導きが必要不可欠です。

そこへ参加しながらも人間としての悩みも出るわけですから、当然そこでの先輩諸兄との交わりも導きによるものだと判断できますょねぇ(^.^)


ただし、ほんとに悩みを解決したいと思わないと無理ですねぇ…

こんなことも悩んでるし、こんな思いもある。こぅも思うし、あぁも思う。それがどぅなんか知りたいけども、差し迫った大きな問題でもねぇ〜なぁ…

な〜んて思ってる内は、さっきから言ってる麻薬状態が浅いと自分で思ってますので、祈りもしないでしょうし、守護霊さんに相談もされないでしょう(笑)

でも気付かないだけで、そこが一番の大きな問題だったりします。


これを放っとかずに、真剣に相談されてる女性の皆さんが居られましたので、なんか羨ましいぐらいまで思っちゃったんですねぇ(^.^)

爐犬磧△前さんの悩みってなんやってん?…

いや〜、それ言っちまぅと怒られるやろなぁ〜…(>_<)、どないしょ?(*_*;



まぁ〜でも女性の皆さんに、ほんとにエールを送りたいのでお話しします<(_ _)>


スピリチュアリズムは間違いなく本物のヒーローですし、正義です(*^^)v

これに出会えたことは本当に嬉しく思います。

が、私の場合はその出会いを再生する前から、ほんとに望んでいたのか…なんです(笑)


爐修蠅磧◆惻由意思』にかかわることやんかぁ?…何いぅてんのョ?(笑)

いやいや、その選択も多少はあったと思うんですけど…

なんせ死のうか生きよぅかの選択をしていたときに、いきなり脳梗塞になっちまって、“ドカ〜ン!”とスピリチュアリズムの門が開いたんです。

普通ならここで、その門をくぐるかどぅかの選択の余地はあるかと思うんですが、詳しくは言えないんですけど、ここまでの過程が余りにも劇的だったもんで、気付いたら『シルバーバーチは語る(現:シルバーバーチの教え)』を手にしていた感じなんですねぇ(^.^)


まぁ〜それから毎日走ってますねぇ、体格はデブですけど(笑)

こりゃもぅ先輩諸兄の皆さんもそぅでしょうけど、スピリチュアリズムを思わない日はないですし、なんか一日にひとつはやっとこぅと思えて仕方ないですょねぇ(^.^)

それをやってますと、たま〜にご褒美で褒めて頂けますけども、次から次に学習と実践の両面で宿題が出て参ります。

幸い脳梗塞のほうは安定して居るんですが、喘息とアトピーはもぅカルマですから、コイツ等からの宿題も出てきますし、一日は24時間ありますので(私の場合は48時間)、こっからの宿題も出てきます。また、社会から一歩引いた生活なので、読書会メンバーさんから学ぶ宿題も出てきました。まぁでも、「内面葛藤」の宿題は一番激しかったですねぇ(笑)

これらの大半は「自分で蒔いたタネの刈り取り」の宿題だったんですけど、ほんとに入れ替わり立ち替わりで違う種類なもんだったんで、なんか決められたカリキュラムに沿って、与えられてるよぅにも思います(^.^)

だって猫を抱いたのは40年ぶりだったですからねぇ…勿論、それまで嫌いでした(笑)

ですから、自分で選んだ人生やろといぅ感じがしないんですねぇ(^.^)


けども女性のメンバーさんを見ると、明らかに自分の意思で頑張って居られます。

無論、敢えて『男性陣』と言いますが、男性メンバーさんも自分の意思で来られています(^.^)

けど数で言えば、圧倒的に女性のメンバーさんのほうが多いんです。

こりゃもぅ性別による肉体的な要因からやと思いますが、個人的には時代の変化と共に『スピリチュアリズム運動』に関しては、女性の皆さんが主体になられたほうが良いと思います(*^^)v


女性のほうが内面葛藤も少ないと思いますし、相談されてる内容もすべて建設的でして、その動機は自分を中心に置くんじゃなく、人のためにどぅすれば良いかに終始されてますので、極めて純粋的ですょねぇ(^.^)

なので、とても高度なところでのご相談をお聞きしておりました。

その一方で私は、まるでエアーポケットにでも入ったよぅな悩みを感想文に書いて居ったので、なんか今になって恥かしいと思うんですけど…


僭越ながら、皆さんはもっともっと伸びて行かれるよぅな『気』を感じました。

実は新しい方が3人も来られておりまして、女性お二人と男性お一人だったんですが、この御三人も自分の意思でしっかりと参加されたよぅに感じたんです。

ですが今までなら、いくら主催者さんが何でも話して良い機会を与えてくださったと言えども、新しい方々の前では正直躊躇いたします。

この辺も性別の違いがあるんかなと思ったりしたんですが、女性のメンバーさんたちは、今抱えてはる悩みや問題をお話しされたんですねぇ(^.^)


ほんとに正直、こぅ言うのって珍しいといぅか、今までなかったよぅに思ったんですが…

そのお話しの内容よりも、爐◆△海イ靴導Г気鶲貶發困蝶段を上がって行きはるんやぁ!瓩噺世辰心響曚鮖ちまして、悩んではることをお話しされているのに、全体的には、ほんとに建設的に見えたんですねぇ(^.^)

爐笋辰僂靴海譴眛表餡颪覆鵑笋 瓩辰董▲泪犬濃廚い泙靴(*^^)v


ほんとに読書会の魅力のひとつを見せて頂いたよぅに思ったんですが、そぅ言う私も読書会をさせて頂いておりますじゃョ(*_*;

また、新しく来られた女性のお二人は、男性の先輩方がされてる読書会のメンバーさんだったもので、な〜んか思いっ切り現実の差を見せられたよぅにも思ったんですねぇ(笑)

オマケに今回の学習内容は、スピリチュアリズムの原点に立ち帰った内容だったので、これは自分の読書会でも今の課題なので、尚更ダイレクトに、また宿題がやってきたよぅにも感じましたじゃョ(>_<)


ほん〜まに爐覆鵑笋 △泙秦管繋がっとんのかぃ…瓩任靴董∈2鵑狼廖垢縫悒肇悒箸砲覆辰撞△辰討たんですが、3匹は簡単に休ませてくれなかったですねぇ(*_*;

けどけど、今回もほんとに実になる読書会やと思いました。


新しい皆さんもしっかり勉強されてるよぅに思いましたし、何度も言いますが女性のメンバーさんたちも、ほんまに今年はグーンと伸びて行かれる気がしてならなかったです。

もしここをご覧くださってる「各地のシルバーバーチ読書会の女性メンバーさん」がいらっしゃるなら、もぅ絶対に今年は伸びるチャンスだと思います。

まぁ個人の成長に時期は関係ないとは思いますが、な〜んか今年は例年とはまた違い、霊界側も押してくださってるよぅにも思うんですねぇ(^.^)


私の読書会にも飛び込みでこられたのは、高齢のご婦人さんでした。

なので、余計にそぅ感じてしまうんですが…


これは後だしジャンケンのよぅで申し訳ないんですが…

実は必死になって主催者さんの話してはる言葉を書き込んでる最中に、見えちゃったんです(>_<)

ドアの辺りに強い気配を感じて振り向いたとき、頭の中にうっすらとグレーの背広を着た細身の御仁さんが、サッと動きはったのが飛び込んで参りました。

初めての体験でしたけど、そのときに狠か居てはります!瓩噺世┐侘匹ったのに、なんか当たり前のよぅに思っちゃいまして、そのまま何もなかったよぅに書き込みを続けてしまいました。

んで終わってからも、そのことを話さないまま帰って来たんですが…


こりゃもぅ居ることを、見せてくださったんですょねぇ(^.^)

勿論、ここでお話ししても良いことなんだと思います(*^^)v


たまたま私と波長が合って見れたことだと思うんですが、今回はさほど霊媒体質でもない私でも見れるよぅに配慮されたといぅことは、やっぱしこれも皆さんにお伝えして、霊界側の合図を読みとって欲しいといぅことじゃないでしょうか。

その合図の意味は、犧Gは行くぞ!瓩犬磴覆いなと思いますねぇ(*^^)v


ですから、どぅか女性メンバーの皆さん、今年はその波に乗ってみてください<(_ _)>


いやいや、何とかお伝えしたいことが整理できました(笑)

もぅ朝起き一番からやっておるんですが、エールになりましたでしょうか(^.^)

とにかく、ほんとに飛躍できるチャンスの年だと思いますので、男性陣の方も女性メンバーさんに負けずに、ぜひ頑張ってみてくださいませ(*^^)v


では、これにて失礼いたします<(_ _)>

今回もご覧くださいまして、ありがとうございました<(_ _)>




2018.4月の募集




この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM