2018.3月の『読書会』

  • 2018.03.18 Sunday
  • 16:50

皆さま、今回もよろしくお願いいたします<(_ _)>


あいにくとチビたちの写真を撮り溜めておりませんが、例の3番目のミヤンが抜糸をして今日で一週間が経ちましたので、どんな具合かを少しお話しをいたします(^.^)

お陰さまでもぅ〜ほんとに元気でして、よく昼寝もしてよく遊んでおります(笑)

避妊をしたので発情期も抑えられ、もぅほとんど鳴き続けることはなくなったんですが、手術の当日の夕方には迎えに行ったんですけども、看護師さんから、術後はずっと泣いていたとお聞きいたしました。

それは術後の痛みではなく、どぅやら一人で寂しくて泣いてたよぅでして、声がかれてしまい、目には涙を浮かべておったのでございます(^.^)

それを聞いてミヤンも見て、爐△ 舛笋辰僂掲もこぅして泣くんだぁ!瓩隼廚辰燭鵑任垢韻鼻△海量次併辧砲呂發ソ蕕瓩辰らこの部屋の一員になるために、昨年からご飯を食べに来てたんかなとつい思ってしまいました(笑)


生まれて数か月も野良として生きていたんなら、それなりの警戒心や恐怖感みたいなもんを本能で持っていてもおかしくないはずなんですが、寂しくて泣くってことは自分の中ではもぅすっかり、アウルやクロルの姉妹だと思っていたんでしょうかねぇ(^.^)

そぅ思う根拠の一つは、自分のほうからアウルやクロルを舐めにいくんですょ(笑)

まぁ、新参者として気を遣ってるんかなとも思えるんですが、一人で泣いていた経緯なんかも考えると、ミヤンは上の2人が好きなんでしょうねぇ(^.^)

じゃ私はといぅと、こりゃもぅ飯を食わしてくれる「大きな猫」ですゎ(笑)

たま―に大きな声で怒るから怖いときもあるけど、こっちが合図を送らんでも飯やオヤツをくれるから楽ちん楽ちん…てな具合な感じでして、ほんまに皆さんの代わりに面倒を見させてもらってる感じですじゃョ(+o+)


ま、それでも元気で居てくれるのは、有難いことでございます<(_ _)>

脚のほうもほんまにすっかり良くなった感じでして、夜中一人だけ目が覚めてるときは、暴れまくっておりますじゃョ(*_*;

他の2人は疲れて相手にしないもんですから、ほん〜まに暴れまくってます(>_<)

放っといたら知らん間に寝てるんですけど、暴れることでストレスを発散しているみたいでして、爐泙燭笋辰討鵑覆 銑瓩隼廚い弔弔癲△修譴發△蠅硫版生活ですからねぇ、体験の一つじゃねぇかなと思います(笑)


とは言え、ほんまに元気でやっております(^.^)

本当に皆さまの愛念のお陰でございます(*^^)v

改めまして、ありがとうございました<(_ _)>

これからもホンノちょっとだけで良いので、コイツ等に愛念を持ってやってくださいませ<(_ _)>


さて、読書会の続きを綴って参ります(^.^)

ところで今シリーズは珍しく、たったひと項目を4つに分け、日替わりでお送りしておるんですけど、主催者さんも丁寧にご教示してくださっただけに、その項目分けにも、なるほどなと思うことが多いのでございます<(_ _)>

ですから、決してまた同じよぅなこととは思わずに、どぅかお付き合いくださいませ<(_ _)>


では、一緒に見て参りましょう!(^^)!


前世ブームのウソ 全項目


先ずは全体の項目はこれでございました。

この点線で区切った上から3番目の項目を、今回は学習して参ります(^.^)


項目の前半

項目の後半


訳注で近藤さんが仰ってる女優さんは、シャーリー・マクレーンのことですねぇ(^.^)

1983年の『愛と追憶の日々』で、アカデミー賞とゴールデングローブ賞の主演女優賞の栄冠に輝いてはります。でもこの程度しか知らない女優さんでして、何やらニューエイジ系のチャネラーに騙された人やったと、前任の主催者さんからもお聞きしておりました。


*チャネリングのPRに多大な貢献をなしたのが女優シャーリー・マクレーンでした。あるチャネラーが語った彼女の前世が自叙伝風にまとめられベストセラーになりました。しかし後に、その前世の話が全てチャネラーの作り話であったことが暴露されました。シャーリー・マクレーンはそれについて、英国の心霊紙サイキックニューズの中で、「人々を惑わせ大変な迷惑をかけてすまなかった。二度とこういうことはしたくない」と反省の弁を述べています。しかし一旦マスメディアに載せられた前世譚は、それが作り話であっても、現在でもさも事実であるがごとくの印象を人々に与え続けています。当の本人シャーリーにとってはいたたまれないことでしょう。
(スピリチュアリズム普及会さん発行『ニューズレター2号』より抜粋・引用)


普及会さんが『ニューズレター2号』を発行されたのは1998年の7月ですから、今からもぅ20年前なんですけども、近藤さんも普及会さんもシャーリー・マクレーンが騙されたと言う事実を公開してはるにも関わらず、彼女の名前で検索して出てくるスピリチュアル関係では、そのことにほとんど触れられてないんですょねぇ(*_*;

逆にこっちのほうが怖いなと思いましたじゃョ(>_<)

Amazonでも彼女の著作本のレビューでは、去年とか一昨年の投稿でも絶賛してはる場合が多く、爐い筺△曚鵑泙縫泪犬?瓩辰洞辰ばかりでございます。また、本屋さんでも未だに売ってますしねぇ…

結局世間では本人が騙されたと言っていても、それはなかったことになってる状態でして、妙なカラクリがあるよぅな気がしてならないんですけども、これも実情になってますからどぅしようもないです。

でもこれも啓発していかなアカンとも、思った所存でございます<(_ _)>


(江原氏もあの方もこの方も、信用しちゃったらダメですョ?…)

普及会さんが『ニューズレター』の中で、江原氏や新・新興宗教を批判されてたのを思い出すと、その必要がどぅしてあるのかを、今回も考えることができた次第なんですが…


この項目でさり気なく書かれている個所に、ハッといたしました(+o+)

――「自分がどの程度の霊性を持っているかは、自分の心の内容とこれまでの生き方に端的に示されている」――

これを読んだとき、その場に穴があったら入りたいと思いましたじゃ(>_<)


私は『スピリチュアリズム入門』をしてからも、歳をとった最近であっても、ハズかしぃ〜なぁ〜と思うことを何度もしておるんですょねぇ〜…

その度に強烈な内省がやってきて自虐的になります(*_*;

今はさほどでもありませんけど以前は酷くて、2・3回ほど、スピリチュリズムを辞めたいと思ったことがありました。勿論、読書会にも行かず、購入した霊訓は全部ゴミに出したいとさえ思うほどだったんです…


それが今じゃこぅしてブログを発信して、読書会もやらせてもらっております<(_ _)>

けどここで「失敗は取り返せる!」と言った内容を、お話ししたいのではありません。

だって、ギリギリのところで助かってる酷い状態になってましたから、失敗はほんまに怖いなと思うのが先に来ますので、「こぅして頑張ってます!」なんか、とうてい言えませんじゃョ(*_*;


ただね?…『天の親様(大霊)』には一生懸命に語りかけていました。守護霊さんにも…

大きな失敗で強烈な内省なので、一人では持たなかったんですねぇ(^.^)

無論、自殺なんかも過りますから、ほんまにしんどかったです…


けど泣きながら語りかけていると睡魔がやってきまして、そのまま寝てしまいますじゃョ(笑)

それは一日なんかでは終わらないときもありましたし、爐笋辰舛泙辰燭海箸呂靴隋舛ねぇ、諦めて切り替えョ!瓩犯召亞き直りができるときもありました。どちらにせよ今から思うと、親様や守護霊さんに語りかけるときっていぅのは、「一対一」で真剣に向き合ってるんですょねぇ(^.^)


「助けて欲しい!…どぅしたら良いの?…」――この願いを直訴するよぅに話します。

自分の中で恥かしいと思う失敗ですから、誰にも話すことはできません…

唯一、話すことができるのは、親様であり、守護霊さんだけです。

人に聞いてもらうことで人は癒される場合がありますが、ことが誰にも話せない失敗になってくると、ほんまに親様や守護霊さんと「一対一」で向き合うしかないんですょねぇ…


これを何度も何度も繰り返しましたので、さり気なく仰った言葉に、胸を刺されたよぅな気がしたんですが、それは裏返せば、やっぱし恥かしくない自分を積み上げていきたい欲求があります。

ひょっとしたもぅ遅いかも知れませんけど、いま失敗してるんじゃなくて、例え昨日でも過去の失敗になりますから、もぅ一回スタートラインからやり直せば良いんだと思うんです。もしもすぐに寿命が来たとしても、霊界からスタートしたら良いですょねぇ?、だって霊界でも成長できますやん!(笑)


でも、これも妙なんですが…失敗のお陰で自分はまだまだやと思えます。

んで、人のことを心底から「凄いなぁ!、頑張ってはるなぁ!」とも思えてきます。

確かに失敗は強烈やったんですけど、こぅ思えるのは嬉しいなとも思うんですねぇ(^.^)


本当の意味で等身大の自分になれるって、嬉しいと感じます!(^^)!


さて、今回はなんか色々と思うまま綴らせて頂きましたが、な〜んの誇張もしてませんし、嘘もありません。そのまんまの思うところを書かせて頂いた次第でございます(^.^)

ただ『3月の読書会内容』はまだまだ先がありますので、どぅかまたこんな内容にもお付き合いくださいますよぅ、よろしくお願い申し上げます<(_ _)>


では、この辺で失礼いたします(^.^)

今回もお付き合いくださいまして、ありがとうございました<(_ _)>




2018.3月の募集


この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM