『初めてスピリチュアリズムを学ぶ会』で学んだこと…ですじゃ(^.^)

  • 2018.02.26 Monday
  • 18:47

皆さま、今回もよろしくお願いいたします<(_ _)>


いやいや…前回からもぅ一週間も空けてしまいまして、爐い辰燭ぁ△覆砲靴討燭鵑笋 繊?瓩任瓦兇い泙垢、体調不良も2日ほどあったんですけど、もぅ一つのブログも発信しましたし、(我が読書会)も行っておりました(^.^)

読書会のほうは先週末の土曜日に行ったんですが、なんと初めてですねぇ、まったくの霊的無知な方の「飛び込み」がございまして、メンバーさんとも大変ビックリした次第なんですけども…

実は教室のドアに…

       当日の募集

このよぅな告知を貼っておりまして、先月も貼ったまま読書会を行いました(^.^)


こりゃもぅ、同志の方やお仲間さんから…

・爐△覆燭藁酖真理に出会うといぅことが、どぅ言うことなのか分かってない!
・爐修海泙任靴特でも彼でも読書会メンバーにしたいのか!?

と、ムチャクチャお叱りを受けるかも知れませんじゃ(>_<)


でも、『初めてスピリチュアリズムを学ぶ会』と看板を挙げておりますので、自分なりに勉強をされている「スピリチュアリズム入門前」の方を基本的に対象にしておりますし、まったく無知の方のご参加もメンバーさんとご相談して、“OK”のスタンスを取るようにいたしております<(_ _)>

また、教室にさせて頂いてる『西宮市立 夙川公民館』さんは、ほんとに勉強会や学習会を開かれることが多く、平日であっても頻繁に人が出入りされておるんですねぇ(^.^)

(各:学習会・勉強会)の案内が貼られている告知板の前では、おそらく社会から一線を引かれた初老の方々が、自分に合う勉強会や学習会がないかとじっくり見て居られまして、家計的にも余裕のある方が多い地域だなと思った所存でもあります。

つまり、人生経験が豊富な上に見識や常識のある「大人の霊」の方々が、「第二の人生」として習い事や趣味にできるものを探してはるんじゃないかと思ったんですねぇ(^.^)


爐世辰燭薀好團螢船絅▲螢坤爐鯤拔してョ?…一番ためになるじゃん!(*^^)v

と思い起ち、先月から上のコピーした物をドアに貼るようにいたしました。

ただ残念なことに私たちの読書会は、告知板に貼らさせてもらえません(*_*;

でも当日の教室のドアなら、告知や案内を貼っても良いといぅことなのでそぅしたんですが…


爐屬辰舛磴院△海鵑覆鵑膿佑来るわけねぇ〜ょなぁ〜…

と思ってまして、それこそ「時期のきた人だけが真理に出会う」を改めて噛締めることになるんだと、自分の中では分かっておったんですが…

今回「飛び込み」でドアを開けられたご婦人は、それを見て入られてきたんですねぇ(^.^)


この詳しい経緯は『初めてスピリチュアリズムを学ぶ会』のホムペ内、(2018.2月の『読書会』を行いました)といぅ感想文の中で綴っておりますから、よろしければご覧くださいませ<(_ _)>

ただその感想文の中ではちょっと浮かれ気味に経緯をお話ししてますが、次回もこのご婦人が来られるとは限っておりませんょねぇ…

犲,睛茲襪遏瓩閥弔辰討い董◆愆慇SB読書会』さんであっても、「一回限り」の人は少なくありませんでした。その度に爐△◆舛笋辰竸人に出会う時期っていぅのはあるんだなぁ〜…瓩隼廚っ里襪海箸砲發覆辰燭鵑任垢、その前に大事なことを忘れているなと思ったんです。


それは私自身が、新しい方との巡り合わせを願うことです(^.^)


す、すんません(*_*;…これこそお叱りを受けることなんですが…

読書会を始めて早くも一年が経とうとしてるんですけど、2つのブログでは今も告知をし続けてますし、読書会のホムペのほうも、平均すると毎日2〜3人ほどは覗いてくださっております。

でも、ご連絡メールは一向にきません…

爐海蠅稻楜いどぅか試されてんのかなぁ〜?…瓩任靴董◆慘酖知識・真理』を伝える前に…

爐前たちでやっとかなアカンことがあるやろぅ?!

と、思えるよぅになったんです(^.^)


爐修譴浪燭笋蹐ァ…瓩判蕕瓩六廚辰討泙靴燭韻鼻読書会を重ねて行く内に、爐修譴蓮峇架討伴け身(Passive)と調和」じゃねぇ〜か?…瓩函∋廚┐襪茲イ砲覆辰討たんですねぇ(^.^)


思えばシルバーバーチに出会って、普及会さんに出会って、『関西SB読書会』さんにも出会って来た中で「いの一番」にさせられたのは、それまでの四十数年間で浴び続けてきた泥を洗われることでした(笑)

私にとってこれは凄まじいと思えるほどの「内面葛藤」を伴っておりまして、これまでに「一年に2回」は必ずと言っていいほどやってきておったんです。その一回は次の読書会まで引きづってましたので、最低でも年に2ヶ月は「内面葛藤」をしていたんですねぇ(笑)

勿論、今はないと言ったら嘘になりますじゃョ(>_<)


その「内面葛藤」の大半の課題が『寛容・受け身(Passive)・調和』だったんです。

牴兇B型やから人と変わっていてもしゃ〜ないねん!

爐爐靴蹐修里曚Δ俺らし〜ゎ!

などと苦し紛れに、まるで子供のよぅに開き直ることもあったんですが、皆さんがこれを聞いてご洞察される通り、シルバーや普及会さんが仰る内容を理解してなかったのでございます。

知識は確かに付いたんですが、肝心の本質が理解できていない…


どぅも私は根本的に「頭を打たないと分からない」部類の人間のよぅでして、先に幽界へ行かれた奥さんが出て来られないと『読書会の本当の意味』が分からなかったですし、とことん「内面葛藤」をしないと、皆さんでは当たり前の『人と調和をする』といぅ意味も分からなったよぅなんですねぇ(笑)

ただし、頭を打たれ続けただけにですねぇ〜?、“パンッ!”と収まるモノが違いました(^.^)


ここでは敢えて普及会さんを学習された「普及会さん系のシルバーバーチ読書会」と申し上げますが、ここからの読書会は完全に霊界側の主導、即ち『スピリチュアリズム主導の読書会』でございます。

奥さんは私が『関西SB読書会』へ参加させて頂くよぅになってから半年後に、半ば強制的に「夢」として覚えておくよぅに幽界で会ってくださいました。

亡くなって3年半が経ってましたので、大好きだった紅茶も飲む必要がなかったよぅでして、真っ白なテーブルを囲んでお茶をしたんですが、一口飲んだらつい吐き出してしまわれたんです(笑)

そのときは狷表餡颪惱个討れてありがとう!瓩閥弔辰燭里魄貳岾个┐討い燭鵑任垢、これまでに何度か睡眠中にお会いする中で、ご自身も読書会へ出られてることをお話ししてくださっております(*^^)v

自分の奥さんだった方に敬語を使うのは、変だと思われるかもですが…(笑)

こりゃもぅ知識が進むと自然と敬意が持てるよぅになって参りまして、難病と10年間葛藤をしてから幽界へ行かれましたので、立派に宿命とカルマを解消されたんだと思っております<(_ _)>

ですからやっぱし、先輩としても尊敬をするんですょねぇ(^.^)


次に3人のオジサンたち(よく漫画で描かれる杖を持った高級霊的イメージの人たち)が「夢」で現れ、この世から悲劇を無くためにはPassiveじゃょ、Passive!瓩氾舛┐突茲蕕譴燭鵑任垢、こんなんいきなり言われても、その当時は分かりっこなかったんです(笑)

が、この(受け身・受動的)といぅのは、シルバーもよく語ってる鉄板ですょねぇ(^.^)

また、これと合わせて「調和」といぅのを、読書会をするよぅになって学んでおります。


通常『シルバーバーチ読書会』は『霊的知識・真理』を学習する場所となっておりますが、勿論その知識もテキストとして勉強しておるんですけど、「霊界の道具として使ってください…」と祈りを捧げて学習に入っていくと、音読をしてますから脳ミソでは確かに勉強をしております(笑)

でも皆さんご承知のよぅに、脳ミソは入ってくるモノもあれば感じるモノもありますょねぇ(^.^)

正直に申し上げると、この感じるモノが半端ないんです(笑)


確かに選んだ『夙川公民館 第3集会室』は地元でも大変人気のある教室でして、余りにも人気があるので、西宮市民の方でもネット予約は無理なんですねぇ(*_*;

ましてや市民でない者は、月の2日以降からでないと電話予約ができません(>_<)

そんなもんですから、これ以上の「学習・勉強部屋」は猝唄屬任覆い箸覆いも?瓩隼廚錣譴襪曚品薫狼い素晴らしいんですが、毎回思うのは空気が澄んでおることです(^.^)

別段、防音がされてるわけではないらしいんですが、ほんまに空気感は澄んでますねぇ…

ですからそれもプラスされてかどぅかなのか、自然と寛容的にもなれて、受け身的にもなれてくるんです。


そこに志を共にする2人以上が集って『霊的知識・真理』を学習いたしますと、不思議と「調和」を意識するよぅになって参りまして、頭と口では一生懸命にシルバーバーチと普及会さんのテキストに励んでおるんですが、霊の部分と申しましょうか、そっちでは「調和」に励んでるよぅな気がするんですねぇ(^.^)

ここで、2人だけやったら調和も何もあったもんじゃない。自然とそぅなるゎ。

と、思われるでしょ?…(笑)


いや、その「調和」をしようとする対象は、メンバー同士じゃないんですョ(^.^)

今回は同志の方に向けて綴らせてもらってますが――「読書会に参加されてる霊界人さんは絶対に居られて、私たちと一緒になって学習をしてくださってる」――先ずはこの思いが断固としてあります。そしてその霊界人さんたちと一緒にこの与えられた時間を共有することに、今言った霊の部分が励んでるよぅに思うんですねぇ(*^^)v

それを何となく感じれるよぅになってきたのが、つい最近でございます(笑)

なので、この一年を通して我が読書会で学んだことは、「調和」が大きなカギでございました。


ところで私やメンバーさんは、特別な霊媒体質ではございません(>_<)

まぁ夢ではさっき言ったよぅなことを体験いたしますが、スピリチュアリズムを勉強されてる皆さんなら、それは極々ありふれたことでもございます(^.^)

そんな2人が夢ではなく意識もしっかりある“学習の場”で、知らず知らずの内に霊の部分で「調和」を行っていて、そこから得たモノを普段の生活に持ち帰ることができるよぅになりました。

そしてそれを今度は自分たちだけのモノにせずに、牋貎佑任眤燭の方に共有して頂きたい!

2人が真剣にこれを願うよぅになるには、この一年が必要だったんじゃないかなと思います(^.^)


今回は自分たちの読書会が終わったあとなので、そこであったことや感じたことを綴らせて頂きましたが、『霊的知識・真理』を学ぶことって今更ではございますが、霊の部分で体験することでもあるんですねぇ(*^^)v

シルバーバーチは真理を伝えてくれただけではなく、また、普及会さんはそれを体系的にまとめられただけではなく、ひょっとすると私たちに「霊の部分で体験すること」も一緒に啓発されているんではないでしょうか。

それは時間は掛かっても、決して難しいこっちゃない。志があれば、誰でもできること…

こんな風に、今回は思いましたじゃョ(*^^)v


では、この辺で失礼いたします<(_ _)>

またまた新しいメンバー募集告知を作成しましたので、どぅぞお楽しみくださいませ(^.^)

今回もご覧くださいまして、ありがとうございました<(_ _)>




2018.3月の募集



この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM