『シルバーバーチの再生観ァ戞『3匹の娘たちァ

  • 2018.01.05 Friday
  • 14:04

皆さま、今回もよろしくお願いいたします<(_ _)>


もぅ皆さんは仕事始めをされてると思いますが、私も昨日は『初めてスピリチュアリズムを学ぶ会』の、3月分の教室予約と支払いに行って参りまして、皆さんに合わせるよぅに始動いたしておりました(*^^)v

まだ昨日まではお休みのところもあったのか、電車も地下街もけっこう混んでいましたけど、遅めに予約をしに行ったにもかかわらず、3月も予定している日と時間が空いておりまして、月々の暮らしぶりとは対照的に、何とか読書会のほうは順調にこなすことができておりますじゃョ(笑)

ただ今年は「うるう年」なので、2月と3月は曜日と日付がまったく一緒なんです。

ですから2月は24日の土曜に開催いたしますけど、3月も同じ日の同じ土曜日に行うので、ちょっと面白い感覚やなと、予約をしながら思いました(^.^)


さてその読書会なんですが、もし私の主催でよろしければ、是非にも一度見学を兼ねたご参加をして頂きたいと思っております。場所は公園の貯め池の上に建ってるので、ほんとに独特の雰囲気をかもし出しておりますが、さまざまな勉強会や習い事なども頻繁に行われていまして、さしずめその地域の「学習をする場所」と言った感じです。季節感もよく現れるもんですから、自分としてはとても気に入っておりますじゃョ(*^^)v

ほんとによろしければそんな中で、一緒に学習をしてみてやってくださいませ<(_ _)>


では今回から『関西SB読書会』さんのほうに戻りまして、『シルバーバーチの再生観』の続きを綴って参りますが、少し復習として、前回のシリーズの項目を一緒に見ていきましょう(*^^)v


シルバーバーチの再生観構図1


今の自分の「霊魂」や「意識」が死後も存続して、そっくりそのまま「再生」をする考え方を覆したのが『シルバーバーチの再生観』なんですが、ここまではどちらかと言えば、大雑把に従来の再生観と比較した内容になるかと勝手に思っております<(_ _)>

でもこれだけでも十分に、地上で生きているホンマの意味が説明できると思うんですけど、本当のところはもっと複雑な霊的事実になっております。


潜在意識と顕在意識の問題図


唐突ですが、私はあんまし「潜在意識」っていぅ言葉は好きじゃなくて、そこはやっぱり「霊」やから「霊的意識」と使ったほうがピンとくるよぅに思うんですが、その「潜在意識」でもある「霊的意識の一部」が、本能からくる「本能的意識(肉体本能)」と混じったのが、今の私たちの「顕在意識」となります。

ほやから考えながらキーボードを叩いていますけど、それもアルファベットを平仮名に変えながら打っていますし、後ろで発情期真っ盛りのミヤンが鳴いていますが、鬱陶しいなといぅ感情も混ぜて綴っておりますので、ほんまに皆さんへ発信せなアカン思いの中には、対照的な色んなもんが混ざってるなとつくづく思います(笑)

よくまぁ〜こんな頭の状態で何十年も色々と判断しながら生きてきたなと思いますが、皆さんとてそれは同じでして、地上で生身の人間をやってる以上、それは避けられないことですねぇ(^.^)


ま、今、私が思った感情が沸いてこないほうが良いと判断されるかもですけど、これぐらいの感情が沸いてきても困らないほどミヤンは可愛いですから、その時々の感情で人を判断するのは当てにならないとも思うんですが、ならば余計にその中には、「霊的意識」が潜んでいるとも言えるんじゃないでしょうか。

とにかく「良心」でもある「霊的意識の一部」を持ちながら、人はどんな環境の中でも生きているんですが、死んでしまったら肉体は脱げますので、ちょっとややこしいですが、肉体からの「本能的意識」は同時に無くなります。


ここをご覧の皆さんならそれが「幽界での純化プロセス」を経て、徐々に薄れていくことはご存知だと思いますが、『再生観』の構図として見た場合は以下の内容になって参ります(^.^)


     霊的事実に基づいた再生図

   事実に基づく再生図の説明


ここは上の構図を下の内容で説明されてますので、合わせてよくよく見て頂ければ、類魂のことも含めた『シルバーバーチの再生観の全体図』がご理解できてくるんじゃないかと思います(^.^)


ただここで「パーソナリティー」とか「インディビジュアリティー」といぅ概念が出てますので、「全体図」としては分かりやすいですけど、もぅ一歩構図の内容が分かりづらいかとも思うんですが、それはまた次回に繰り越しをさせて頂きたいと思う所存であります<(_ _)>


ま、ここまでけっこう頑張ったなと、思ってやってくださいませ<(_ _)>…(笑)



ではでは、恒例のチビたちへ参ります(^.^)


   


ミヤンは、猫としては大事な後ろ脚が不自由なのに、キャットタワーをつたって頂上のカーテンレールまで登って行くよぅになりましたが、発情したまま勢いで登りましたので、良いのか悪いのかホンマに分かりませんじゃョ(*_*;


大晦日の前日から本格的な発情期になってしまい、ぶっちゃけこの正月はアウルとクロル共々に参っておるんですが、膣をテッシュで軽く突いてやると、若干ですが大人しくなる傾向があるよぅでして、それを昨夜からやっております。

ですが…こっちが眠りにつくとまた鳴きながら動き回り、それを催促してくるんです。

これはむっちゃキツイっス(>_<)


昨夜も3回ほど繰り返したんですが、突きながら眠ってしまうと怒るもんですから、もぅ〜朝方近くまで眠っては起こされの連続でございました…

これは私の教訓として申し上げますが、雌の子猫を保護されたなら、必ず発情期前に避妊手術をされるよぅにしてください<(_ _)>

本人のストレスも相当ですけども、マジで眠ってる以外は鳴き止みませんので、周りの者がどぅにかなっちまいそぅになってしまいますじゃョ(>_<)


ネットで調べても手術以外に有効な手段はございませんので、必ずそぅしてくださいませ<(_ _)>


はぁ〜…今また目覚めて雄叫びをしております…

発情期はだいたい2週間らしいですけども、個体差もあるのでどぅなるかは分かりません。けど少なくともあと10日はこの状態が続きますので、そんな環境中でよくやってんな〜とマジで自分で思いますゎ(笑)

てか、よくまぁ〜ご近所さんは文句も言わずに、見守ってくださってると思います…

こりゃもぅ何とか早めに手術をせなアカンと思うんですが、ほん〜まに発情期は半端ない鳴き声をあげますから、冗談抜きで皆さんもお気をつけくださいませ<(_ _)>


では、今回はこれにて失礼いたします(^.^)

今回もご覧くださいまして、ありがとうございました<(_ _)>


あ、テンプレートまた変えておりますけど、別に意味はまったくありません(笑)

ただ今年は早目の平日になりましたから、正月はもぅ終わりかなと思います(^.^)

こっちのテンプレートは基本の分を30種類はストックできますので、またそのつど気分で変えて参りますから、どぅかそっちのほうも合わせて楽しんでやってくださいませ<(_ _)>


ではでは、失礼いたします(^.^)



     1月の募集


この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM