シルバーバーチの再生観』&『3匹の娘たち』 

  • 2017.12.26 Tuesday
  • 19:02

皆さま、今回もよろしくお願いします<(_ _)>


こちらでは少し更新が遅くなりましたが、この間は自分の読書会を行ったり、もぅ一つのブログを上げたり、各種支払い等を済ませたりとしておりまして、何やかんやと忙しくしておりました。

ただ今回使用する構図などの下準備は仕上がってましたので、あとはこぅしてお話しをしてまとめるだけやったんですが、読書会の感想文の掲載と次回の読書会告知などの作成もしてましたので、その分も遅くなった次第でございます<(_ _)>


気が付けば12月も、あと5日となってしまいました(>_<)

皆さんは追い込みでお仕事をされながらも、年末の大掃除もされると思いますが、私は掃除が苦手にもかかわらず、年末だけは爐△譴鬚靴茲Α△海譴鬚靴茲Ν瓩塙佑┐襪燭舛覆鵑任后幣弌


けどまぁ、今年はチビが3匹にもなりましたので、まったくの独りで居る頃とは違い、意外とちょいちょいしてるもんですから、あんましあれこれとは考えが及んで参りません。それよりもあと5日で、どこまで『再生観』を綴れるかが大きな課題でして、『関西SB読書会』さんからの宿題もせなアカンことを合わせると、あんましゆっくりとはして居れないのが現状でございますじゃョ…

もぅいいオッサンですので、流れる時間もムチャクチャ早く感じるよぅになったんですが、マジでだんだんと夜にゆっくりする時間が早くなりまして、深夜(午前0時)はホンマに深夜やなと思えるよぅになりました(笑)


やっぱし50を過ぎたら、何か変わってきた感じですねぇ…

でもこりゃ〜、人生の先輩方から見れば当たり前のことかも知れません。

なんぼネットやスマホが普及したからと言って、一般的な『人生観』っていぅのは、今も昔も本質的なところではあまり大差ないんじゃないかと思ってしまいますが、スピリチュアリズムに出会い『霊的知識・真理』を知った以上はそこを見つめるだけじゃなくて、犲分はこれからの人生をどぅやっていくべきか?…瓩覆匹髻◆嵶酖視野」からも見ていかなあきませんょねぇ(^.^)


それを実践からも経て学んで行くとなると、残された時間もアッといぅ間に来るよぅに思います。

今年最後の『初めてスピリチュアリズムを学ぶ会』は、締め括りに相応しい意識を高めて出来たのですが、終わったとたんに爛好肇鵐叩瓩帆任北瓩辰討靴泙い泙靴董帰りの道中では情けなく恥かしいことをしてしまいました…

その辺りの詳しいことは今月の感想文に綴ってますので、よろしければ一度覗いてくださればと思いますが、その失態もやっぱし、読書会ならではかな〜と実感するんですょねぇ(^.^)


丸々2時間を掛けて阪急沿線の夙川まで出向き、そこで自分の読書会を行うと誓った以上は、そりゃもぅ〜予想外の色んな勉強があって然るに決まっております。それを月一でも繰り返して行くことで精神面も鍛えられると思いますし、何よりも今はほんとに試されてると感じるんです。

ただそれを数えてる内に年月は過ぎていくと思いますので、もっとスピードアップして復習に復習を重ね、もっと『霊的知識・真理』が身に付くよぅにせなアカンな〜と思います。


んで来年の春までの課題は、タバコをやめることですじゃョ…(*_*;


爐覆鵑笋修譟?…瓩隼廚錣譴燭任靴腓Δ韻鼻△い茲い茲修僚佝颪鮑錣蕕淵▲ンよぅになりまして、それが(できる・出来ない)いかんでは、チビたちにも影響が出てくるんですょねぇ…

けどけど、一見霊的なことに関係ないよぅで関係があるみたいにも思えますので、牴燭箸止める意思瓩鮖つよぅにしたいと思っております<(_ _)>


ま、私の場合は体験を通して分かる場合が多いので、爛織丱海發┐┣淡困笋瓩箸韻隋瓩箸いイ箸海蹐僕茲討鵑犬磴佑Гとも思うんですが…

『再生観』は、実際に皆さんも私も体験の真っ只中にもかかわらず、分からないですじゃョ(>_<)


これは『真理の奥義』みたいなもんで、逆に詳しくは知らないほうが良いのかも知れませんが、前回もお話しました『関西SB読書会』の主催者さんが仰ったことからは、やはり現在の複雑で矛盾した社会の中、本能的にも知的にも事件になってしまう人の生き死をただ黙って見ているのではなく、霊的知識を活用した霊的視野で見ていかないと、目指すべき目標を定めることができません…

放っておいたら、ほんとに分からないっていぅのが地上人生ですじゃョ(>_<) 


それを羅針盤の如く、こぅ言った概要だと教えてくれてるのが『シルバーバーチの再生観』です。


   シルバーバーチの再生観2の


・・・にしては、マジで難しい内容ですねぇ(*_*;

でもこの『再生観』って、輪廻転生に注目した(神智学)とか(初期のスピリチュアリズム)からでも伝えられてまして、博学な人たちの間では、そっちのほうを信じてはる方も居られます。

ですから、それらと『シルバーバーチの再生観』を構図で比較することによって、ここで仰ってる内容も分かってくるんですが、それはまた次回といぅことにさせてくださいませ<(_ _)>


実はぶっちゃけ、構図の作成が追いついておらんのです(>_<)

でも何とか残りの5日間で、区切りのよいところまでは行きたいと思ってますから、どぅか飛び石の小出しでも我慢してお付き合いくださいますことを、お願い申しあげます<(_ _)>



では次に、チビたちを見てやってください(笑)


   

   


ほん〜まに皆さまからも牋η悪瓩鯀って頂いてるのか、ミヤンはすっかり元気になりまして、今じゃもぅ立派な家族の一員でございます(*^^)v

このところ発情期も収まったよぅでして、夜になるとクロルと追いかけごっこもしてるほどなんですが、もともと甘えたがり屋でワガママのところがあるのか、クロル以上に何でも声に出して訴えてきます。

下の右端の写真などは、アウルが掛け布団ごしに膝へ乗っているにもかかわらず、自分から乗っかって来て、そのまま寝ちまうってな芸当も平気でやってのけるんです(笑)

でもコイツが加わってからは私を入れて2対2の関係が成立するので、2匹を同時に見ないといけない煩わしさからは解放されております(^.^)


が…今更ながら、やっぱ負担も大きぃ〜な〜と痛感します…

この状況をクリアーするためにもタバコをやめなアカンのですが、そぅいう状況になってまでさまざまな体験をさせてもらってる人生やなと、つくづく思いますねぇ(^.^)

まぁ私が自由にした結果なんでしょうけども、どぅも上がったり下がったり、ジグザグにも通ってるよぅな気がしてならないですじゃョ(>_<)

でもでもここまでのトータルでは、おもろい人生やなと思いますゎ(笑)


ではでは、今回はこれにて失礼いたします(^.^)

今回も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました<(_ _)>



   2018.1月の募集


この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM