2017年度 最後の『読書会』

  • 2017.12.10 Sunday
  • 17:26

皆さま、よろしくお願いいたします<(_ _)>


さて今回の『関西SB読書会』内容は、今回だけの狠曳内容瓩砲覆蠅泙(^.^)

と言いますのも、先月から来年の前半にかけて『再生観』を学習いたしますので、12月の内容としては、今回の単発だけになるんです。でも『2017年最後の関西SB読書会』でございましたから、そりゃもぅ最後に相応しく、私にしたら朝起きて眠るまで時間を、とても有意義に過ごさせて頂いた次第でございます<(_ _)>


これは経験上のことでもあり、読書会へ通う中で教えてくださったことでもあるんですが、意外にもその日の丸一日はホントに『読書会』でございまして、ご自宅を出てから帰って来るまでは、霊界からの影響を受けるそぅなんです(^.^)

こぅいうと、また誇張して話してると思われるかもですが、私は一度もここで嘘を述べたことはありませんし、間違った内容をお送りしたときは、後日キッチリと訂正をしております<(_ _)>


昨日の読書会では、予定時間より寝過ごしてしまったにもかかわらず、主催者さんよりも早く教室に着きました。そして『再生観』で分からなかったところをお聞きすることができまして、スッキリとした状態で読書会に参加することができたんです。

これはとても大事でして、普段でも真っ白な状態で寛容を意識するよぅにはしておりますけども、いかんせん私も生身の人間でございますから、その割合がまちまちになるときがあるんです。頑張って意識をするよぅにしても、どぅしてもそぅなるときがありますねぇ…

それが全く意識をしなくてもできる日がありまして、昨日などはそれでございました(^.^)


でも皆さんは普段からお仕事をされていますので、この辺のことは毎日繰り返してはるんじゃないかと思うんですが、幸か不幸か、私は仕事もしてない上に独り者でもございますので、真正面から人と触れ合うのが病院とか『読書会』だけなんですねぇ(笑)

だからこそこれまでにも間違った言動から、年に数回は必ず狷眈吻瓩鬚靴討たんですけど、流石にそれも繰り返してくると学習能力が付いて参りまして、次回のときまでには『謙虚』といぅ、『寛容』に匹敵する狢腓い覆詈拔瓩鬚気擦督困のでございます<(_ _)>


まぁこの辺は狄瓦覇を垂れる疉分でもありますので、なかなか表面に出てこない感が否めませんが、内省の度に育ませて頂いてるのは本当でして、ここをもっと顕現するためにも、やっぱし人との触れ合いを持つことをせなアカンのかなと思いますじゃねぇ…

ですからそぅいった意義も含めて犲分の読書会瓩鮃圓辰討訛μ未あると思うので、そっちのほうの『法則(摂理)』も、今は受けてるんじゃないかなと思う所存であります<(_ _)>


とにかく私にとって『関西SB読書会』も自分の読書会も、実践鍛練の場になるんです。

じゃ皆さんに今回は、それ以外で知ってもらうことはないのかといぅと決してそんなことはなく、そりゃもぅ10人を越えるスピリチュアリストが月に一度集まる『読書会』ですので、素晴らしい空気感と雰囲気に包まれておりましたじゃョ(*^^)v


特に今回は予め爍運唯喫瓩了ち時間を頂けることになっておりましたので、皆さん伝えたいことをレポート用紙に書いて来られました。だから尚更に猯酖な時間(とき)瓩魏瓩瓦擦燭茲イ砲盍兇犬燭鵑任后でも中には発表をパスされる予定だった方も居られたのですが、他の皆さんの発表を聞くうちに、だんだんと自分も伝えたい気持ちになられまして、結局全員が発表をすることになりました(^.^)

これもちょっと寄り道いたしますが、この方のお気持ちは当然のことでして、現代の交霊会と言われている『シルバーバーチ読書会』には、眼には見えなくとも多数の霊界人さんが参加されておられるのございます。

その中には小学校の社会学習のよぅに新米の霊界人さんたちが高級霊に引率されて、地上界のスピリチュアリズム普及の最前線基地でもある『シルバーバーチ読書会』の模様を見学しに来られてますで、その方々に対しても、自分がこの一年感じとったことや伝えたいことを聞いて頂くことにもなるんですねぇ(*^^)v


私の母も親父殿も昨年と今年で立て続けに亡くなってますし、同じよぅに親族を亡くされた方もいらっしゃいます。幸いなことに両親は執着するものはあったでしょうけど、人に対して憎悪の念を持ったまま逝ったわけではありませんので、おそらくはそろそろ幽界の指導霊に促され、狠肋絣Τ惱瓩砲盪臆辰靴討鵑犬磴覆いなと思うんです。

ならばメンバーさん各自の守護霊さんも、その方々に対して発表をするよぅに半ば強引に『霊力』をお使いになって私たちを指導されますので、私たちが話したい気持ちになるのは、至極当たり前のことなんですねぇ(*^^)v


メンバーさんの中には犹笋藁邊兇疎いからあまり感じないの…瓩噺遜される方も居られますが、過去にそぅ仰ってました同胞の方は、私よりもずっと前にご自分の『シルバーバーチ読書会』をお開きになられました。

こんなことからも『シルバーバーチ読書会』が霊界側と直で繋がっていて、こちらが想像するよりも遥かに思いっ切り『高級霊界』からの指導を受ける場でもあると思うんですが、それが読書会全体にも各自にも及んでいる一つの現れがパスをされた方の結果だったよぅに思いますねぇ(*^^)v


まぁ『霊力』の波長はホントに繊細なものだとシルバーもよく言ってますから、この方が『霊主肉従』の状態で居られたのは改めていぅまでもありません。それがほぼ全員でもあったのが、昨日の読書会じゃなかったかなと思いましたねぇ(^.^)


実は私もパスをした1人だったんですが…

私の時間は主催者さんに回すことにして、普段から疑問に思ってたことや、先月行われました『公開ヒーリング』の内容などもお聞きすることを、数日前から考えていたんです(笑)

結果、長年疑問に思ってたことが解消しましたし、改めて『公開ヒーリング』が素晴らしこと、そこへ直接参加しなくとも『祈り』を通して参加できることを確認させて頂きました。

やはり私たちは生身の体を纏っていても、その原動力は『霊』なので、『霊的意識』から発せられる思念も『公開ヒーリング』の現場に届けることができるんですねぇ(^.^)


ならばそれは狷体本能瓩箸郎じれっ気のない狃秧茘瓩覆發里任垢里如現場の『霊的エネルギー』として活用をして頂けます。これは皆さんにとっては犲甓爐棒睨´瓩世隼廚い泙垢、改めてこの『事実』をスピリチュアリストの先輩でもある主催者さんからお聞きしますと、やっぱし普段目には見えなくとも私たちの狒曚き瓩亙垢入れられ、活用されていると認識をいたしました。

あるメンバーさんは現代の動物医療を持ってしても、治しよぅのない状態に至った牋η瓩里海箸髻必死でお祈りをされたそぅです。それはただ単に治して欲しいといぅ要望ではなく、犖羶瓦覆蕕弌△海了劼涼肋紊任梁慮海鬚海了劼燭舛亮錣里燭瓩法∋笋琉情で少なからず貢献をさせてください…瓩箸いァ◆慇殕』に適った祈りをされたんです。

その結果、専門医でも分からない奇跡的な回復をいたしまして、その子は元気を取り戻しました。


これは本当のところは奇跡でも何でもなく、『摂理(法則)』に寄るところがあったかも知れませんが、この方の犁Г雖瓩『遠隔ヒーリング』になったことは紛れもない『事実』でございます。

同じ猫を愛する者としてこのことは今後に、もぅ一つのブログのほうでもお話しさせてもらいたいと思っておりますが、こぅいったことも高級霊に連れて来られた新米霊さんの学習にもなるんじゃないでしょうか(^.^)


また今回の読書会では子供たちに対して、『紙芝居』で『正しい霊的知識・真理とスピリチュアリズム』を伝えて行く運動に取り掛かる予定の、ご夫婦のメンバーさんが居られまして、久しぶりにお会いしましたが、こちらからも刺激になる『霊的エネルギー』を頂いたよぅに感じました。

そぅなんです(^.^)

今回の『関西SB読書会』では参加をさせてもらった者として、『霊主肉従』の状態にさせて頂いたことを強く感じたんです。

そりゃ帰りの電車やバスを降りての1訴發は脚も痛かったし、しんどかったですょ?

けどな〜んも不安がない、変な迷いも出ない精神状態でして、今こぅして綴らせてもらってる間も考えることなく、次から次に言葉が出て参ります。勿論、発信したい思いだけに駆られているんですが、普段よりもキーボードの上で指が泳いでますねぇ(笑)


このことも、ブログを発信されてるお仲間さんの間では当たり前なんですが…

自分の読書会を終えたあとにも味わう『霊主肉従』の状態に似ております。

ホントに今回はお話しをさせて頂いた方々から『霊的エネルギー』を頂いたよぅでして、普段はメンバーさんのためにお役に立てるよぅ大霊に祈っているんですけど、今回は私のほうがためになりましたじゃョ(*^^)v


でもこれで終わるとただの日記になってしまいますから、来年の2月まで宿題をこなして頑張れるよぅに、主催者さんからエールの代わりとしてシルバーの言葉を頂きましたので、Pickupをして、皆さんにもお送りいたします<(_ _)>



 愛する人を失って悲しみに暮れている人々、病床に伏せている人々、悩める人々、人生に疲れた人々等々……こういう人たちは皆、人生の目的を見失っております。教会も科学者も思想家も何の力にもなってあげられないのが現実なのです。

 狄祐屬竜臙呂録世旅サ´瓩箸いΤ文世あります。肉体に包まれた霊(本来の自我)がその霊性に目覚め、活発な活動を開始するのは、そうした窮地にあって、もう物質の世界には何一つ頼りになるものがない――万事休すだ、と観念した時からです。

 皆さんが果たすべき役目は、そうした窮地にいる人々が真の自我に目覚め、地上に生を享けた目的を理解し、他人のために役立てるべき才能に気づかせてあげることです。一口に言えば、肉体の死後から始まる永遠の旅路の次の段階にそなえて、この地上にあって自己実現を成就さえてあげることです。

 それが地球浄化の大事業の一環なのです。その計画を立案し、その実現のために尽力している霊団が、今、あなた方の仕事を背後から援助しているのです。

『古代霊シルバーバーチ最後の啓示』P165/2〜後ろから4


 さあ、元気を出して、どこででも、可能なかぎり霊的知識を説かれるがよろしい。受け入れようとしない人もいるでしょう。そういう人には心の中で涙を流してあげなさい。せっかくのチャンス、掛けがえのないものを手にする好機を失ったのですから。が、たった一人の魂に目を覚まさせることができたら、あるいは、たった一人の病人を癒してあげることができたら、そして無知の暗闇の中に叡智の光を灯してあげ、背負っている重荷を少しでも軽くしてあげることができたら、それはあなた方がこの世に生まれてきた目的を果たしていることになるのです。
『古代霊シルバーバーチ最後の啓示』P109/7〜後ろから2



いくつかある言葉の中でこの2つを愛猫のアウルに選ばしたんですが、コイツは聞いたことに答えるとき耳を動かす特技がありまして、指で指示したら、この2つに反応しましたじゃョ(笑)

それはさておき、だいたいこんな感じの『12月の読書会』だったんですが、難しい『再生観』を学ぶことの意義についても教えて頂いたことがありますので、それは引き続きやっていく『11月の読書会・再生観シリーズ』の中で、お送りさせて頂きたいなと思っております<(_ _)>


では最後になりましたけど、チビたちも見てやってください(笑)


   


アウルはアトピーの治療を1日に一回やっております。

私のアトピー用の塗り薬を同じよぅに塗ってまして、カラーを付けているのは、だいたい30分程度ですねぇ(^.^)

ま、それぐらいやと薬が皮膚内に浸透するらしいので、病院代節約の意味でも塗っておるんですけど、今までは放っておいたわけじゃなく、人間用の塗り薬も猫たちには有効らしいんです。

成分を見てもほとんど同じよぅな感じなんですが、効き目の強弱ではなく相性みたいなもんがあるよぅでして、これまで何回もテストをしてきたところ、ここ3日ほどで改善が見られる薬がありましたので、何とか次回の病院までには、症状を軽減させてやりたいと思っております(*^^)v


以上で今回の読書会内容を終わりますが、『再生観』は進んでいるところまで綴って参りますので、どぅかこれからもお付き合いのほど、よろしくお願いいたします<(_ _)>

今回もご覧くださいまして、ありがとうございました<(_ _)>



   冬の募集


この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM