10月の『読書会』 

  • 2017.10.08 Sunday
  • 13:41

皆さま、今回からもよろしくお願いいたします<(_ _)>


こちらともぅ一つのほうのブログ『シルバーバーチとヤンチャな娘たち』を何とか綴り終えたと思ったら、昨日は早くも『関西SB読書会』さんへ出席をいたしまして、昨日の今日から、またその内容を綴らせて頂く次第です(^.^)


まぁとっとと先月分を仕上げておれば、こぅも慌ただしく続けることもなかったと思いますが、皆さんもご承知の通り私のスタイルは日記帳風でもあり読み物風でもありますので、長くなる分、なかなかスムーズにまとめていくのが難しいのでございます。その間に体調不良とか用事などもあったりしますから、どんどん遅れていくんですが…


今日は暑いですじゃねぇ〜…(*_*;

今頃に暑さのぶり返しかょ〜とパソコンも唸ってる状態ですけども、とにかく今回から『2017.10月の関西SB読書会内容』として綴って参りますので、どぅかこの10月分もお付き合いをしてやってくださいませ<(_ _)>


その10月の読書会内容は、これまでの『死後世界観(他界観)』の総まとめでございました。


でもスケジュールとしては…


     スピリチュアリズムの思想体系1の全体図


この通りに学んでおりまして、来月からはいよいよ『再生観』に入っていきます(^.^)


しかしながら読書会後の感想文でも書いたんですが、読書会をすることやブログを発信することもそぅなんですけど、直に『霊的知識・真理』を人に伝える場合などは(家族や知人など…)、先ずは人間は動物である前に“霊的存在である!”とお話しをされますょねぇ(*^^)v

そして死によって肉体を拭い去ったなら、『霊界』で暮らしていくんやと教えます。

私も以前やってたボランティア活動の中でとか、親父殿や母や知人さん、前に住んでいた下の階の住民さんやそのお子さんなどに話したのは、やっぱしこのラインから入っていきましたねぇ(^.^)


ここから入っていくと幽霊話などにも結び付けやすいですし、心模様とか体調なんかの話しもできて参りますので、関心を持たれやすい・興味をもたれやすい利点があるかと思うんです。

でもそれ以上にこの『死後世界観(他界観)』を正しくキッチリ学習しておかないと、次の『再生観』はとうてい理解できないと思いましたし、やっぱし「霊的無知」の一番アカンとことなると、霊的事実・真理に基づいた「他界観」を知らないことやと強く思いましたねぇ…


      スピリチュアリズムの死後世界観アウトライン
          シルバーバーチの死後世界観


さぁもぅ読書会で頂いたレジメを始めておりますから、付いてきてくださいねぇ(^.^)


『スピリチュアルメッセージ』(トニ―・オーツセン篇)P56/5〜8引用

「あなた方が“幽界”と呼んでいるところは、霊の世界の中の小さな区域です。それは、低い境涯から高い境涯へと至る、無数の段階の一つにすぎません。周囲が仕切られているわけではありません。それを“界”と呼んでいるのは、あなた方に理解できる用語を用いるしかなからです。」
(by.Silver Birch)


ちょっと余談ですが、この『スピリチュアルメッセージ』は持ってなかったのでAmazonでポチりました。送料込みでワンコインもしなかったですから、何とか無理なく買えましたじゃョ(笑)

それはさておき…


やっぱし“死んだらどないなんねん?…どこ行くねん?…”は、小学生の子供でも素朴な疑問に思うことですし、唯物主義(物質中心主義)・利己主義の人であっても、必ず何度かは想像したり考えてしまうものだと思います。


私が参加させて頂く『関西SB読書会(土曜日組)』では御年91歳になられる、とてもジェントルなご隠居さんが居られるんですが、昨日の「他界観の総まとめ」では、一生懸命にご質問をされてました。今までも何度か出席をされて、その都度ご質問をされていたんですけど、昨日の問いは本当に大真面目にと言っては失礼ですが、“この知識を吸収しよう!学びとろう!”といった感じを受けまして、やっぱ『霊的知識・真理』を知ることは年齢にも関係なく、遅いも早いもないことを実感いたしました(^.^)

教室が入ってるビルを出て帰りかけた際に、“また、来月もよろしく〜!”と小走りに元気よく声をかけてくださり、“来月も必ずきてくださいね!”と思わずこっちもお声かけをしたんですが、なんかそれがムチャクチャ嬉しくなりましたじゃョ(*^^)v


でも、もしかしたら…ひょっとしたら…

来月お会いするまでには、先に幽界へいかれるかも知れません。

でもでもそぅなられてもジェントルな91歳の大先輩は、間違いなくキッチリと正しい「他界観」を勉強されましたので、間違いなく早く「死の自覚」を持たれ、間違いなく「霊体調整」もスムーズに促されるんじゃないでしょうか(*^^)v


さて今回はこの辺までとさせて頂きます。

今月の分は「総まとめ」でもありますので、今までに構図で作成したレジメ内容も多様いたしますから、それほど回を重ねることはないかと思うんですが、内容に関してはレジメに忠実に沿ってお送りいたしますけども、私なりに感じたことも織り交ぜさせて頂きたいんです<(_ _)>


今回もその一例になるかと思いますが、どぅかホンマに日記帳風な読み物と思ってくださり、お菓子や珈琲・紅茶をつまみながらホンの一時、お付き合い頂けたら幸いに思いますじゃ(^.^)

今回もお付き合いくださいまして、ありがとうございました<(_ _)>



10月の募集


この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM