2018.5月の『読書会』

  • 2018.06.07 Thursday
  • 21:49

     

よろしくお願いします<(_ _)>

     
マジかぁ〜!?(完全に乗っ取られたなぁ……)


     


●真の宗教とは(正しい宗教)

  信仰対象は、大霊である「神」と「神の摂理」

  摂理に一致した生き方(摂理にそった日常生活での実践)

  宗教組織や宗教形式(教祖・教義・儀式・布教活動・宗教的施設)は必要ない

  一人ひとりの霊的成長と、霊的同胞世界の確立を目的とした生き方
             ↓
    真の宗教 = 霊界の宗教 = スピリチュアリズム


     


 私たちはあなた方に、いかなる教義も儀式も作法も要求しません。ただひたすら、大霊の愛がその子供たちを通して顕現するように努力しているだけなのです。そのためには、いかなる書物にも、いかなるドグマ(教義)にも縛られてはいけません。いかなるリーダーにも、いかなる権威にも、いかなる学識にも、また崇敬の対象とされるいかなる聖遺物にも縛られたはいけません。あなた方はひたすら、大霊の摂理に従うようにしてください。大霊の摂理こそが宇宙で最も偉大なものであり、唯一最高の権威あるものなのです。
(『シルバーバーチの教え(上)』P124/後ろから2〜P125/5)

 私たちは、大霊と自然法則の存在を説きます。私たちは大霊の法則の働きを示す道具です。イエスもやはり大霊の道具であり、地上の人間にとっての良き手本です。
(『シルバーバーチの教え(上)』P130/9〜10)

 信条・ドグマ・教義・儀式・祭礼・ステンドグラス・祭壇・宝冠・外衣――こうしたものがいったい宗教と何の関係があると言うのでしょうか。
(『シルバーバーチの教え(上)』P130/後ろから4〜2)

 地上の人間は一人の例外もなく、自分の努力で人格を形成し、自分の努力で霊的進化を達成するために地上界へ来ているのです。
(『シルバーバーチの教え(上)』P154/後ろから3〜1)


   

   

おお、えぇ〜ことを付け加えてくれたなぁ〜!、確かにそぅ〜やゎ!(*^^)v

『シルバーバーチの霊訓』はたった1ページでも、何ヶ所も日記やブログで使える内容が書かれてあるんやけど、使う側が『体系的理解・トータル的理解』をしとかな、ただの爛轡襯弌璽弌璽舛こぅ言ってるから信じなさい!瓩世韻貌睛討終わってしまうゎ(*_*;

爐匹ァ舛靴謄轡襯弌爾呂修ジ世Δ里?……甅爐匹ァ舛靴討修譴魍惱して、ネットでも発信しなくちゃいけないのか?……瓩里箸海蹐泙罵解しておかないと、ほんまに「宝の持ち腐れ」になっちまぅからなぁ〜(>_<)

     



あぁ、あれなぁ〜?……前回並みに重くなるけど、最後まで行ける?…

じゃ、行きましょう!




●霊的真理の普及によって達成される人類史上“最大の宗教革命”

  スピリチュアリズムの霊的真理の普及にともない、
   地上の間違った宗教は諸滅していく

  スピリチュアリズム(霊界における唯一の宗教)が地上に確立するには、
   長い時間がかかる(何百年〜千年)

  スピリチュアリズムによる宗教革命の成功はすでに確定しているが、
   革命が完全に達成されるまでは、地上界では悲劇・不幸・苦しみが続くことになる







     


 教会・聖典・教義――こうしたものは今や衰微の一途をたどっています。少しずつ廃棄されていきつつあります。しかし、霊的真理の権威だけは永遠に変わることはありません。私が地上界へ戻ってきたとき目にするのは混乱と無秩序ですが、鮮明な霊の光――隙間からもれるわずかな光ではなく、すべてを照らす強力な光が降り注ぐようになれば、それらは立ちどころに消えてしまいます。
(『シルバーバーチの教え(上)』P50/後ろから4〜P51/1)

 勝利へ向けてのうねりは止まりません。古い秩序が死滅し、新しい秩序と入れ替わります。新しい世界は着実に到来しつつあります。が、新しい世界になったからといって暗い面が完全に消え去ると思ってはいけません。涙を流すこともあるでしょう。心を痛めることもあるでしょう。犠牲を強いられる局面も生じることでしょう。
 大霊に関わる仕事は犠牲なくしては成就されません。

(『シルバーバーチの教え(上)』P60/5〜9)

 しかし間違いなく言えることは、新しい世界の種子がすでに地上界に根付いているということです。既得権力の座に安住している者たちがいかなる策を弄しても、それは功を奏さないでしょう。イエスは、「天に為される如く地にも為されるであろう」と二千年前に述べています。それが実現しようとしているのです。
 これから地上には、いくつもの大きな変化が生じます。崩壊や多くの大変動があるでしょう。皆さんには暗黒と苦難の時代の到来のように思えるかもしれません。「たいへんな時代になった」と、おっしゃるかもしれません。しかし、そうした変動の背後には、地上世界を進化させようとしている大きな力が存在しているのです。

(『シルバーバーチの教え(上)』P66/9〜P67/1)

 それがいつになるか――早いか遅いかは、人間が大霊から授かった犲由意思瓩鬚匹使うかによって決まります。
(『シルバーバーチの教え(上)』P56/5〜6)




          

(わちゃ〜、泣いてもぉ〜た!)ここは替わるなぁ?……(^.^)

この最終項目の特に「」はお姉さんも言ったよぅに、まさにシルバーが言うところの、
「大霊に関わる仕事は犠牲なくしては成就されません」です。

これはお姉さんや私が勝手に、大袈裟に言っているのではありません。

皆さんもご存知の『日本スピリチュアル・ヒーラーグループ』さんによる「公開ヒーリング」は、いつでも銃弾や爆弾が投げ込まれるテロが起こってもおかしくないよぅに、かなりの注意と心構えと用心をされていると、代表の方が仰っておられました……

これはよくよく考えてみたら当然のことです。

私たちスピリチュアリストが頑張れば頑張るほど、デタラメなスピリチュアリズムを謳う者や組織エゴの既成宗教は隅に追いやられて行きますので、その反発からテロを受ける可能性が大いにあります……

この日本だから安泰だとは、誰にも言えません(>_<)

しかしこれから数十年から百年と経ってくると、スピリチュアリズム普及会さんが発行されてる書物や発表されてるスピリチュアリズムの思想は、きっと誰かの手によって各国で翻訳されて行くでしょう。

ですがその国々の情勢によっては、流血を見ることもあり得るんです(>_<)

ただスピリチュアリズムを学んで、広げようとするだけでもです……

今私たちはこの時代のこの国だからこそ、普及会さんのサイトを見るのも、書籍を購入するのも自由にできておりますが、国が違えばそれもできず、必ずや既得権を持つ既成宗教との間で確執や衝突が起こってくるでしょう。

その頃にはもぅ皆さんも私も霊界へ行ってるとは思いますが、霊界でも『スピリチュアリズム運動』に参加する中で、きっとそぅ言った弾圧をされる場面を見ることにもなるかと思います……



そぅ〜や!、その気持ちが一番大事やぁ!

けどそのためには、今からでも背伸びをするぐらいに霊性を高めていかなアカン!

そぅせな爛ぅ競叩瓩討いイ箸に、霊界から守ってあげられへんからなぁ〜?

         

えっ、ええぇぇ〜っ、そっちかぁい!?

   

     

ありがとうございました<(_ _)>




     6月の募集


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM