2018.4月の『読書会』ァ丙能)

  • 2018.04.23 Monday
  • 15:56

皆さま、今回もよろしくお願いします<(_ _)>


   

   


写真は私の手枕で寝るアウルと、何かしらの競争心で猫パンチの応酬をし合うクロルとミヤンでございます(笑)

下段は先週末に「夙川公民館」で行った読書会の際に撮ってきたもので、この日公民館ではサークルの発表会とか、軽音楽関係の練習などをされていました(^.^)

もぅすっかり桜の花は散り、この緑のまま秋まで青々としているんですけども、桜はこっちのほうが本来の姿のよぅに思えまして、これから夏にかけて栄養を沢山取り入れ、冬に枯れても来春にはまた元気よく花を咲かせて命一杯、生命を育んで行くんじゃないかと思いましたじゃョ(*^^)v


こりゃもぅ、私たちの一年もそぅですじゃねぇ(^.^)

今は過ごしやすい春なので、外に出かけて陽に当たりたい気持ちやワクワク感みたいなもんが出ますが、夏にかけて何か目標を立てて頑張りたいよぅにもなってきます。んで、秋にそれが落ち着いたら冬は反省と新たな目標設定をし、また来年の春に向けて、コツコツと計画を立てたりしますょねぇ(*^^)v

こぅ見ていったら、ほんとに桜と一緒ですじゃ(笑)


ところで先週末の読書会で丸一年が経ちました(*^^)v

この一年は過ぎちまぅとほんまにアッといぅ間でして、自分自身もどぅ成長をしたかもあんまし良く分からないんですが、たった一年ですけど、月2回は予約の支払いと当日で必ず出向いて行かなあきませんので、よくまぁ〜続いたなと思う所存であります<(_ _)>

近くだったら別に苦にならないんですけど、寄り道せずに普通に行っても、部屋からはキッチリ2時間掛かりますので、遠いと言えば遠いですねぇ…

けどもこの一年は続けて来れた。これはやっぱし自信になります(^.^)

一年やって来れたから今年もやって行けれる気がするんですが、先週の感想文はもぅすでに読書会ページでUPしております。それとその続き的にもぅ一つのブログのほうも綴っておりますので、もし宜しければこちらと合わせて、覗いてやってくださいませ<(_ _)>


さてさて、こちらはお約束通り4月の『関西SB読書会内容』の最終でございます(^.^)

「スピリチュアリズム計画の全体像」に関して、シルバーバーチがどのよぅに語っているのかを、皆さんと一緒に見て参りますが、ここで再度もぅ一回、その全体像を確認しておきましょう!(^^)!


  スピリチュアリズムの全体像


これはほんとによく整理されてる全体像だと思います。

といぅのも、ついさっきに読書会で学習したシルバーバーチの言葉をまとめたんですが、その言葉を追えば追うほど、この「スピリチュアリズム計画の全体像」が頭を過ってきたんです(^.^)

生意気なよぅですが、これを常に思い描くって大事なことやと思いますし、さっき言いました片道2時間の間にも、この全体像を思い浮かべてるときが多いのでございます。

てか、これを思い描いてないと、ぶっちゃけ続かなかったですねぇ…

牴燭里燭瓩砲前はやるんだ?…甅狠のために動くんだ?…瓠宗粛縮鵑盥腓錣擦討海譴月2回、いや、『関西SB読書会』さんも合わせると、月3回は自問自答でやって参りますじゃョ(^.^)

もしこれが自分のためだけやったら、どっかで横着したでしょうねぇ…

だって、そんなところは昔っから持ってますから(笑)


と言ったところが、私にとっての「スピリチュアリズム計画の全体像」なんですが、まとめをやってるうちに、やっぱしここからスタートするべきやなと思えてきたんです(^.^)

もしここを無視したら、爛轡襯弌璽弌璽舛了廚い抜蠅い鯑Г澆砲犬襪海箸砲覆襦牒瓠宗修阿蕕い泙任蓮∋廚┐襪茲イ砲覆辰道欧蠅泙靴拭


さぁそのシルバーバーチの思いと願いを見ていくんですが、先ずは「地上地獄・暗黒世界」の 銑までを見ていこうと思います。

では、一緒に見ていきましょう!(^^)!



  地上地獄・暗黒世界1〜3の説明



書き写したものを切り取って貼り付けてますので、字がちょっと泳いでますけども、どぅかその辺はご勘弁くださいませ<(_ _)>

しかしながら「戦争・貧困・飢餓・宗教による霊的牢獄化」は、やはり地上人類にとってワースト3でして、何を差し置いてもこれらは、絶対に無くして行かなアカン「悲劇」になります(>_<)

その道のりはムチャクチャ遠いんですけど、死んでも皆さんや私はこれらに対するお仕事をされて行くと思いますので、少なくともこのワースト3の現実は認知しとくべきだと思います<(_ _)>


霊訓で色々とご質問をされていても、シルバーが思う第一観点はここやったはずです…

この日本でも「貧困・飢餓の問題」はありますので、最低でも輸入食料の3分の1を毎年捨てるなんてことは、もぅやって行ったら空きませんじゃョ(>_<)

だったら国内で食べれない人に回すとか、貧困国に回すこともできるはずです。

そぅ言ったことに、国会でも目を向けてくれたらと思いますねぇ…


読書会ではこの他に、「日本人はもともと穀菜食民族なので肉食は必要ない」と言ったメンバーさんと主催者さんのお話しが出ておりましたが、ほんまにどんな食品でも肉が使われています(*_*)

今はダイエットのつもりでお米を食べてないんですけど、代わりにカップ麺のうどんとかソバを食べているんですが、中にはアレルギー表示に鶏とか豚が入ってたりするんですねぇ(笑)

そこまでチェックして買うんですけども、たまにはスバゲッティ―も食べたいんです…

んで、冷凍食品に手をだそぅとしたら、ぜ〜んぶ肉が入ってますじゃョ(*_*;

爐發イい〜じゃん肉ゎ!、ほんまに入れなアカンのかぁ!?

て、思っちまぅんですが、日本はほんまに肉食大国じゃねぇかと思いますねぇ…



さて、こっからドド〜ン!と、シルバーバーチの言葉を見て参りますじゃョ(^.^)

これら全部、「スピリチュアリズム計画の全体像」に関連するシルバーバーチの言葉なので、まとめさせて頂いたにもかかわらず、当の本人は自分の読書会で応用ができると喜んでおります(笑)


では、一緒に見て参りましょう!(^^)!



抜粋集1抜粋集2



下線が引いてあるところは、カッコ内でこのよぅに読めると仰ったところになります。

ただここで私たちが知っておかなアカンことは、普及会さんが手直しされました『シルバーバーチは語る(現:シルバーバーチの教え)』では20ページから70ページの間に、ここまで全体像の内容を、シルバーバーチが述べていると言うことですねぇ。

これ、手直しされたと言え、実は『語る』のほうでもそぅなっております(^.^)


それは編集者のA・W・オースティンの功績やとも思うんですが、この『シルバーバーチは語る(現:シルバーバーチの教え)』は、初めて『シルバーバーチの霊訓』として出版された本でもあるので、ここにこそシルバーバーチの思いと願い、即ち『高級霊界』の真の思い・願いが込められてると思うんです。

もしそぅならばこの「スピリチュアリズム計画の全体像」は、ほん〜まに真剣に受け止めなくちゃならない、私たちの指針となる全体像になります。


ご覧くださってる皆さんは、同志の方々だと思ってお話してますが…

もぅほんとに壮大で幽界下層も含めた地球人類を救済する大計画なので、これをお手伝いされる皆さんを、お仲間とかご同輩に表現することはできませんですじゃ(>_<)

きっと皆さんはもし明日亡くなっても、一年も待たない内に『霊界主導のスピリチュアリズム運動』に参加をされると思いますし、私もそぅして行くつもりです(^.^)

ですが今は地上で生きてますので、地上でできることで自分がお手伝いできることを、精一杯やるだけやって行けば良いと思うんですょねぇ(*^^)v


それは『利他愛の実践』になるんなら、結果は考えずにやって行けば良いと思います(^.^)

ただやるんだったら、背伸びをすることも大事だと教えて頂きました…

でもこの背伸びっていぅのは、人よりも自分が上のつもりもあるかもですけど、何を常に視ているかっていぅのが、とても大事な要素になって参ります。


それが、「スピリチュアリズム計画の全体像」なんですねぇ(*^^)v

ここを常に見据えていないと、私たちはブレてしまいます(>_<)

だから今回の学習は初めてスピリチュアリズムを学ぶ人であっても、私たちのよぅなベテラン勢であっても、とても大事な基礎中の基礎になる、『霊界主導の地球人類救済計画(定義)』だと思いました…



さて(さてが続いてますが…)今回は、下準備が終わってすぐに書き出しましたので、だいぶんエネルギーを消耗してますが(笑)…

そのせいか、ちょっとチャラけてるとこがあったと反省しております<(_ _)>


でもお伝えしたいのは、ほんとに「基礎中の基礎」を学んだといぅことです(*^^)v

どぅかそれやと思ってくださいまして、どんな形でもいいので背伸びをして、高級霊界が示してくださいましたスピリチュアリズム運動へ、是非とも一緒にお手伝いしてくださいませ<(_ _)>


では、読書会内容の最終項目を終わらせて頂きます(^.^)

今回もご覧くださいまして、ありがとうございました<(_ _)>


追伸…

端午の節句まで限定の「読書会メンバー募集告知」を作成いたしました(*^^)v

今回はシンプル・イズ・ベストに仕上げましたが、これも今年のこの時期だけでして、同じものは今後は出て参りませんので、どぅぞお楽しみくださいませ(^.^)



  2018.5月の募集

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM