『シルバーバーチの再生観 戞『3匹の娘たち 

  • 2017.12.16 Saturday
  • 14:55

皆さん、今回からもよろしくお願いいたします<(_ _)>


え〜、今回からカテゴリーとしては(2017 11月の『読書会』)に入れておきますが、タイトルはご覧のよぅにさせて頂きます(^.^)

何せ『シルバーバーチの再生観』は難しいところがありますので、一気に頂いたレジメを進めて行くよりも、小出しにして、噛み砕いて見て頂いたほうがまだ分かりよいかなと思いますので、タイトルもそんな感じで分かりやすいよぅにさせて頂いた次第でございます<(_ _)>

ついでにチビたちのことも楽しんで頂き、少しでも和んでくださればと思っておりますが、年末で冬でもあるせいかどぅか、はたまた前回にお伝えしましたフードバンクをされてる読書会メンバーさんの影響かどぅか、自分がスピリチュアリズムをやって行く上での狎源裟瓩覆匹髻△弔す佑┐ちになっております…


猫を3匹飼って、自分の読書会を開催しているのは、もぅ(ギリギリちょいマイナス)なんですけども、+ブログを発信している現状は、爐呂燭靴得源裟はあるのかないのか?…瓩箸い辰震笋い鮖っているんです。

でも爐犬秣召砲覆砲したいねん?…何ができるねん?…瓩般笋Δ討澆燭箸海蹐如答えは見つかりませんじゃョ(>_<)

やっぱし何をするにも動くにも、交通費もその他の諸経費も掛かって参りますので、そこがままならない(ちょいマイナス)ならどぅしようもないんですょねぇ…

ならばお友達を増やして、もっとワイワイガヤガヤとできる環境にして行ったらなんですけども、まぁ〜50を過ぎて独りもんをやっておりますと、こっちも積極的に動く気持ちがなかなか出て参りませんねぇ(笑)

これも自由に使える小銭があればこそになってきますが、それもキツイところですじゃ(*_*;


ならば現状のまま維持がベストになるんですけど、そもそもスピリチュアリズムに対して、自分の生産性を考える自体が間違ってるのかも知れませんねぇ(^.^)

霊性を磨く…といぅのも地上界での大きな課題でございまして、こりゃもぅどんな環境にあろぅとも、やって行かなアカンことでございます。それが対外的にやって行ける環境の人と、そぅでなく私のよぅに狢估眦にも大いにせなアカン畆圓畔かれているよぅでして、それがどぅも自分の読書会の特徴にも現れているみたいに感じるんです。


『初めてスピリチュアリズムを学ぶ会』の主旨は、「スピリチュアリズム入門」をされて間もない方々を対象にしたい思いがありまして、それは今でも変わってはおりません。

がしかし実際は、メンバーさんと共に『寛容と謙虚と調和精神』を学ぶ感じになっておりまして、音読が中心になってはおりますが、教材に用いるシルバーの言葉も普及会さんからの内容も、普段自分ひとりで読むよりむちゃくちゃストレートに入ってくるんですょねぇ…

まるで自分が洗われるよぅに…(笑)


それとやっぱし場所的なものがあるのどぅか、2人だけで教室内に音読をこだまさせていても、何となく目には見えない大勢の方々が聞いてくださってる気がいたします。

決して自分の読書会を誇張してPRしたいわけではないんですが、その空気感・雰囲気をメンバーさんも同じよぅに感じてくださいまして、終わったあとは互いにとても満足感に浸れるんです(^.^)


とまぁ、毎月がこんな感じですから、けっこうやみつきになってるんですけど…(笑)

今年の4月から正式にやらせて頂き、今月で9回目になるんですが、用意する物とか教材を決めるのに多少慣れたところはあるものの、毎回今述べた『寛容と謙虚と調和精神』を無意識のよぅでやっぱり意識してますので、実質的には数日前から読書会はスタートしていて、部屋に帰って来るまでは終わらないんです(>_<)

確かにメンバーさんと『充実した霊的な時間(とき)』を過ごせるんですが、どんな教材を用いても毎回々本当の意味での勉強は『寛容と謙虚と調和を育むこと』なので、お恥ずかしながら私は読書会をするよぅになってから、爐◆⊆分はまだまだこれらができてなかったんだなぁ…瓩函▲泪犬濃廚っ里蕕気譴討觴‖茲任瓦兇い泙<(_ _)>


お世話になってる『関西SB読書会』の主催者さんからは、狷表餡颪麓膾甜圓一番勉強になるんです!瓩箸聞きしておりましたが、私はまだまだ主催者さんが感じられるよぅに思うにはほど遠く、スピリチュアリズムをやって行く上で最も基本になる部分を、改めて一から学ばさせて頂いてるよぅに思います。

いや、ホン〜マにできてなくてですねぇ…言葉からは純粋のよぅで綺麗な印象を受けはるかもですが、実際の実生活はドタバタしてまして、気か付けば3匹の糞尿処理をしてアトピーの塗り薬も塗ってやって、オヤツもやっておりますじゃョ(*_*;


んで、しょっちゅう怒ってますから(ホンマにアイツ等は大人しくないですから…)、爐前さんの生活のどこが寛容と謙虚と調和やねん?(笑)瓩函皆さんから失笑を買うに違いないと思っとります…

ですがこんな風につい綴ってしまうのも、冬だったり、頑張ってはる読書会メンバーさん以外の要因としてもぅ一つありまして、実はそれが『シルバーバーチの再生観』ではないかと思うんですょねぇ(^.^)


もぅ私たちは先月と今月にも勉強をさせてもらってるんですが、頂いたレジメとにらめっこすればするほど、『霊的事実』以外にも思想の部分で、これまで考えてきたものとか想像をしてきたものとは違う何かを、教えてもらってるよぅな気がしてならないんです。

主催者さんはそれを総じて、狄世稜枸犬本当に行き届いていることが良く分かる!瓩閥弔辰討られましたが、私はその前の段階の狄祐屬遼榲の在り方はこぅなんやでぇ?瓩箸い辰燭箸海蹐凄く印象に残っておりまして、まだレジメの途中にもかかわらず、早くもこぅして自分に置き換えて見たりしとるのでございます<(_ _)>

今回からそれを小出しで綴って参りますが、皆さんにもそれが伝わればと願うばかりです<(_ _)>



     シルバーバーチの再生観

          霊的家族の図



爐前、あれほど前置きしながら今回これだけって、舐めてんのかぁ!?

と、お怒りになりました?…ス、スンマセンじゃ(>_<)


いやマジでどこまで行くか悩んだ末にどぅしてもここまでって思うところだと、一回がムチャクチャ長くなる可能性がありましたので、ならば狆出し瓩糧獣任鬚気擦督困い深‖茲任(>_<)

チビたちのことも一緒に綴ってましたから、皆さんもそっちのほうも気になるかなと思ったら、シルバーの言葉も入れたこの辺までにならざる得なかったんですが、冒頭で言いましたよぅにカテゴリー内のシリーズでお送りいたしますので、私の喋りは余分だなと思いはったならば、どぅか小出しの部分以外はパスをしてやってくださいませ<(_ _)>


でもとっかかりは、これぐらいのほうが良いんじゃないかと思います。

それぐらい細かく見て行くと爐◆舛覆鵑?…こぅ〜なんか?瓩汎颪靴い箸海蹐出てきますので、総体的に理解するほうが絶対にいいとも思うんですょねぇ(^.^)

それよりもやっぱし感じ入る部分のほうが大きいと思いますので、ほんまに小出しの部分だけでも追ってくださいまして、ご自身なりの思想の中に、ぜひ取り入れてみてくださいませ<(_ _)>



え〜さて〜…次は『3匹の娘たち』ですねぇ〜(笑)

例の私と同じ、寛容も謙虚も調和も見られなかった3匹目の爛潺筌鶚瓩覆鵑任垢、ちょっと驚くことに保護した一ヶ月前は、まだ成長時期だったようでして…


   


ご覧よぅに、エライでかくなりましたじゃョ…(*_*;

アウルも女の子としてはでかいなと先生に言われたんですけど、ミヤンは軽いんですけどガタイはでかいんです(笑)

ほんでほんで昨夜からなんと、クロルと追いかけごっこをしよるんです。


骨盤骨折…まぁ正式には骨盤がズレていて、つま先も逆になって引きずっているんですけど、牴燭覗れんのぉ?…瓩箸海辰舛ビックリいたしましたじゃョ(+o+)

ひょっとしたら皆さんの愛情を想念として頂いてるのかもですけど、やっぱしコイツも神(大霊)がお造りになった生命を持ってまして、その不思議さに驚嘆するばかりなんですが、とりあえずこれらは自分から馴染もぅとした結果なんですょねぇ(^.^)


夕方を回ると自分の部屋は寒いので、知らぬ間にこっちの部屋へやってきます(笑)

んでここ数日は朝まで居てますので、何とか私を入れた4人で、自分も一緒に暮らして行くことに決めてくれたのかなと思っておりますじゃョ(*^^)v


ま、そんなわけで『シルバーバーチの再生観』ともども、チビたちのこともお送りいたしますが、どぅか不真面目だとは思わず、お付き合いして頂きたいと思っておりますが…

さっき述べた私なりに感じ入る『再生観』に似た感覚のものを、実はチビたちと一緒に居ながらも感じ取れるよぅな気がいたしますので、それも合わせてご覧になってくださればとも思っておる所存でございます<(_ _)>

たぶん皆さんの中で動物嫌いの方は居られないと思いますので、まぁほんまにお気軽な気持ちで、両方を楽しんでやってみてくださいませ<(_ _)>


今回もご覧くださいまして、ありがとうございました<(_ _)>


え〜まだ…今月の『初めてスピリチュアリズムを学ぶ会』までには一週間ありますので、爐い辰擇鵑前さんがいぅ『充実した霊的な時間(とき)』を体験してみたろ!瓩隼廚辰討ださるなら、見学を兼ねたご参加は大いに歓迎をいたします(*^^)v

予めメールでご連絡をくださるならばどなたでもけっこうですので、是非々私たちと一緒に、 『寛容と謙虚と調和精神』を肌で感じ取ってみてください<(_ _)>


では、これにて失礼いたします<(_ _)>



   冬の募集



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM