2017 3月の『読書会』 《人生観》 

  • 2017.03.27 Monday
  • 15:40

皆さん、今回もよろしくお願いします<(_ _)>


昨日・今日と続けてお邪魔しておりますが、ここでの読書会内容が終わったら、もぅ一つの方でもお送りしたいと思っているので、こちらは今回で最終とさせて頂きたい次第でございます<(_ _)>

あっちでもこっちでもと思われるかも知れませんが、向こうは向こうだけを見てくださる方々がおられますので、お送りする意義は大いにあると思ってるんです。

“スピリチュアリズム国の最前線では、いったいどんな勉強をされてるのだろぅ?…”

これを知って頂いた上に、私の思うところも同時に載せていますので、どんな学習内容からどんな人がどんなことを思ったかと、一度に知って頂ける利点があるなと思ってます(^.^)

そこから興味を持ってくださったのなら読書会のホムペに行き、他の方の感想文等を目にされるでしょうし、そのホムペから別の読書会も覗かれることだって大いにあるわけでして、“なんやよぅ分からんけど、一生懸命に話してるなぁ?…”といったところに行くなら、やる価値は十分にあると思ってる所存でございます。

また各全国の読書会へ参加されてるメンバーさんにとっても、“関西では今、どんなことを勉強してるんやろぅ?”と知って頂ける一つの場でもあるので、できるだけ内容を忠実にお送りしたいと思っておるのですが、今回のよぅにときおり宿題発表を挟まれる場合もありますので、そんなときはその時間も考慮して配分をされますから、レジメのまま進まれる時もあるんですねぇ(^.^)

返ってそぅいう時の方がブログは綴り難いんですけど…

こりゃまぁ私のスタイルだからですじゃねぇ(*^^)v


とにかく読書会内容を知って頂くことに何ら問題はなく、どぅいうても関西の基幹基地での学習ですので、霊界側も半端なく力を注いでくださってますから、その内容を私なりにお送りさせて頂くことに、とても光栄に思っておるわけでございます。今後は埼玉と福岡の基幹基地からも、ブログや読書会を開催される方々が増えてくるかと思いますが、着実にスピリチュアリズムがこの日本で形になって行ってることを、是非とも強く認識して頂きたいと思ってる次第でございます<(_ _)>


その『3月の読書会』は今回で最終でございますが、シルバーバーチの人生観=スピリチュアリズムの霊的観点から見た《地上の人生観》の総まとめをお送りするんですけど、「霊的成長至上主義に基づいた人生観」であると言っても過言ではないと思うんです(^.^)

地上であっても霊的成長を目指して行かなアカンのですけど、これはどぅいうても大霊(神)の分子である以上、当たり前のことで『摂理』でもあるんやと認識し、しっかり学習しておく必要があるんですねぇ。

これを勉強しておかないと、自殺とか自暴自棄になられてる人、もしくは鬱になられてる人などに対して、心に訴えることができないですし、これを自分の中に吸収しておかないと、霊的視野の軸がブレて行ってしまいます。そぅなると幾千の言葉で悩める人を勇気づけても、結局は物質観点に終始してしまいますので、その方の霊界人生も考えたら何のプラスにもならないことになりますじゃねぇ…(*_*;

人のために役立てる知識のベースになるのが、こぅいった学習だと思います。


ではその大いなるベース知識を一緒に見て参りましょう!(*^^)v



「霊得的成長」が人間にとって最高に価値のあるもの(霊的価値観の絶対基準)

「霊的成長」が人間の永遠の目的、地上人生の最大の目的
  ・(人間の永遠の目的・地上人生の目的)

「霊的成長」が人間の価値決定の基準(霊的価値観の基準)

  ・霊的成長レベル → 人間の霊的価値が決定

  ・霊的成長度(霊格)→ 霊的存在である人間の価値を決定

「霊的成長」が地上人生の価値決定の基準

  ・どれだけ霊的成長をしてきたか → 地上人生の価値が決定

   霊的成長した人の地上人生=“価値ある人生”

   霊的成長できなかった人の地上人生=“価値のない人生・無価値で無駄な人生”

  ・死後、各自が自分自身の地上人生を評価する・審判することになる(死後の審判・回想)

「霊的成長」が正しい生き方(善・悪)の決定基準

  ・地上における“正しい生き方”――「霊的成長」を促す生き方

  ・霊優位の実践・利他愛の実践・苦しみの甘受(霊的真理はそのための指針・手段)

「霊的成長」が、霊界での階層を決定――「霊的成長レベル」による霊界での住み分け

  ・霊界は、人間の霊性レベルによって形成される界層世界

  ・霊界では、霊的成長レベルに応じて厳密に住み分けされている(※)

  ・霊界では、霊的成長レベルに応じて“界層”が決まる

 ※ 地上では、霊的成長している霊性の高い人間から、霊的成長度の低い人間
  (霊性の低い人間・霊的に未熟な人間)まで、さまざまな霊的レベルの人間が、
   同一平面上で生活(同居)している




もぅザッと読んでくださるだけでも、人に知ってもらうための「霊的観点から見た地上の人生観」だと、一目瞭然に分かって頂けると思いますが……

「霊的成長」が正しい生き方(善・悪)の決定基準

  ・地上における“正しい生き方”――「霊的成長」を促す生き方

  ・霊優位の実践・利他愛の実践・苦しみの甘受(霊的真理はそのための指針・手段)

ここなどは、霊的成長への促し方を述べてはりまして、とても私たちにとっても役立つ項目でもあると思いますじゃねぇ(^.^)

こぅいったところを見逃さずにアイテムとしてしっかり持ってますと、意外と文章を綴るのに助かる場合があるんです。また残り人生が少ない方に対しても、最後の人生ぐらいは人のためにガンバろぅと奮起を促すところでもございますので、ご両親なんかに真理をお話する機会があるなら、用いることもできるかなと思います。

どちらにせよ、人に真理を伝えるために持って来いの総まとめでして、自分の中だけにしっかり閉まっておくのはもったいない内容やなと思う次第なんですけど、これまで自分が持ってた人生観と比較することもできますじゃねぇ(^.^)

とにかく人生は地上であっても肉体のない霊界であっても、「霊的成長至上主義」に基づいたものであって、これを外した人生といぅのは、もぅマイナスにしかならないんです。ほやから動機は何でもいいから、成長に向かって進むことが大事でして、苦しくても頑張って霊主肉従の努力をし、それを甘受しながらもいずれは人のために、培った知識を役立たせるのが、大きな目標じゃないかなと思う所存であります。


ま、そぅいうても足りないとこが見えて仕方ないんですけど…(>_<)

そこをいかに努力してクリアするかが私の大きな課題なんですけど、真剣になれること・一生懸命になれることがたった一つでも増えると、そのために時間を費やしますので、1年・2年のスタンで見て行くと、自然と足りないところも補えて行くかも知れません。勿論それも、真剣になる・一生懸命になる努力をしてこそなんですが、やっぱ一度「霊主肉従」と思しきものを体験しちゃうと、ほんまに気持ち良いんですょ?(^.^)

あれをずっと経験したいから頑張るって、ありでしょうかねぇ?(^.^)


今回もちょっと長くなりましたが、この辺で失礼いたします。

最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました<(_ _)>


4月の読書会募集


抜け目なく宣伝させて頂いてますけど、どぅぞ遠慮なくお声をかけてくださいまして、どぅか一緒にスピリチュアリズムの基礎を学んでやってくださいませ<(_ _)>

肩の力を抜いて真剣に一生懸命になるって、ホンマに良いもんですょ(*^^)v

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM