新年、明けましておめでとうございます<(_ _)>

  • 2018.01.02 Tuesday
  • 16:57

皆さま、昨年は更新をしてないときもご覧くださいまして、ありがとうございました<(_ _)>

本年はより皆さまのためにも努力して参りますので、どぅぞよろしくお願いいたします<(_ _)>


昨日の元旦はこちらにもお邪魔しようと思っておりましたが、向こうのブログが思いの他時間が掛かってしまったので、一日遅れのご挨拶となってしまいました。

でもお正月用にテンプレートと読書会の告知だけは変えさせて頂いてましたので、ホンの少し楽しんでもらえたんじゃないかと思っております(^.^)

本当なら今回は年末にお約束した通り、『シルバーバーチの再生観』の続きを綴るところなんですが、正直まだ構図を作成し終えておりませんので、もぅちょっとだけこちらのほうはお時間をくださいませ<(_ _)>


その代わりに…


   

   

   


撮りたてのチビたちをお楽しみください<(_ _)>

でもでも…一番下のミヤンがまた日中も夜も鳴くよぅになりまして、ぶっちゃけ大晦日も元旦も今日も、ほぼ眠ってる以外は動き回りながら鳴いておりますじゃョ(>_<)

ですからここ10年ほどで一番うるさい年越しになってしまいましたが、今年の6月には必ず避妊手術をしてやりますので、それまで何とか心棒せなあきません。

飼ってるこっちもそぅなんですが、一番キツイのは本人でございますので、何度か鳴き回る内の一回は、抱っこして治めてやっております。そのミヤンで気付いたことなんですが、鼻にかかった鳴き声が、まだ野良をやってるアウルのお婆ちゃんにソックリなんですょねぇ(笑)


昨年の10月の頭ぐらいからまったく姿を見てないんですが、ひょっとしたら我が子であるミヤンに、縄張りを譲ったのかも知れません。もしそぅならミヤンは結果的に保護をいたしましたので、動物本能でもある「母性本能と種族維持欲」からワザとそぅしたのかもですじゃねぇ…

まぁ〜これも私がトキソプラズマ症に感染している証かも知れませんが(笑)、このミヤンを保護してからは、まったくアパートの周りから野良猫たちが消えたよぅに居なくなったので、なんか妙な巡り合わせの中に、私自身も入っていたよぅに思えてなりませんですじゃョ(^.^)


さぁそのミヤンも合わせた3匹と共々に、これから死ぬまで一緒に暮らしてアカン年月がスタートいたしましたが、もぅどぅ計算してもギリギリでやっていかなあきません。

前にもお話しましたが、タバコもやめなあきません(>_<)


さて、こんな環境の中で最もためになるできることは、『霊主肉従への努力』ですねぇ(^.^)

ちょっと出かけて喫茶店に入ってゆっくりする。ちょっと好きな物を食べて気晴らしをする。

これをやりたくてもできない状況になりますので、けっこうな葛藤をせなあきませんし、それをやって行く自信はまったくないですねぇ…

結局、また(ちょいマイナス)をして、無理が加算で行くよぅに思えてなりませんが、この4月から本格的にその生活へ移行するんですけど、どぅ転ぶかはやってみないとホンマに分かりませんじゃョ(*_*;


最近、ある国の研究結果として見た記事なんですが、鬱で引き籠りの方に毎月数千円を渡したところ、ほとんどの場合で改善が見られたと書いてありました。ちょっとした小遣いが(ある・ない)だけで引き籠りも鬱も治ったって、ホンマに犖酋皚瓩箆辰靴笋覆隼廚い泙靴燭韻鼻△金に余裕が(ある・ない)といぅのは、精神的にも響いてくることをけっこう実感をいたしております。

でもそれやから『霊主肉従』もし易いって、ちょっと本質から外れてるよぅに思いますし、お金持ちであっても健康不安から自殺をする人もいるぐらいなので、もしほんとにお金次第で精神が左右されるならば、その人の今は、そこが限界ってことなんでしょうねぇ。勿論、この限界値を引き上げることは可能やと思います。


けど爐曚兵分はどぅやねん?…瓩噺世┐弌△笋辰僂珪遣いのあるなしは大きいです。

が、スピリチュアリズムに出会うまでの人生がマイナスばっかりやったんで、大きな「人生グラフ」を拡げたなら、生活安定期はほぼなかったよぅに思いますじゃョ(>_<)

常に自転車操業で走っとらなアカンかったので、先に霊界に居られる奥さんには申し訳ないですけど、心底から楽しめた安定期ってなかったですねぇ…

ま、その安定期がないままこれからも続いて行くんですけど、この中で精神が左右されることなく余裕を見いだせたなら、この人生は私の勝ちになりますじゃョ(*^^)v


勝ち負けの表現は皆さんに笑われるでしょうが、先ずはそぅ言う勝負的な部分を持っていないと、乗り切って行かれへんところは絶対にあると思うんですねぇ(^.^)

さっきの「人生グラフ」では負けっぱなしやったので、残りの人生は何とか勝って行かんと、いったい何のためにスピリチュアリズムを勉強して実践しているのか、分かったもんじゃありません。けどけど、口でいぅのは簡単ですから、もぅち〜と計算を煮詰めてより正確な金額を割り出さなアカンのですが、あんまし不安には思っていないんです。


やっぱ、どっかそれを楽しんでる自分が居てますねぇ(笑)

ここに私なりの『霊的知識・真理』を吸収しているところが見られると言ったらなんなんですが、聞く人によったらそれは知識や真理には関係なく、半ば「自暴自棄」を繰り返してきたから、その傾向がまだ残っていると思われるかもですが…

シルバーバーチに出会って、普及会さんに出会って、スピリチュアリズムにも出会うと、『霊的知識・真理』と並行して自ずとやってくる葛藤があります。


 葛藤や苦悩はいつになっても絶えることはありません。もっともその意味が問題ですが……地上では人間を支配しようとする二つの力の間で、絶えまない葛藤があります。一つは動物的先祖ともいうべきもの、つまり身体上の進化に属する獣的性質、そしてもう一つは神性を帯びた霊、つまり無限の創造の可能性を賦与してくれた神の息吹きです。その両者のどちらかが優位を占め、そしてその優位をどこまで維持するかは、地上生活での絶えまない葛藤の中で、自由意思によって選択することです。
(ハート出版さん『シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ』P212より引用)



こりゃもぅ男性としてもほんまに「自由意思」の選択でして、未だにちょいちょいマイナス方向へ選択をいたしますが、そぅいったものに流されても目標に向かっておりますので、何年もやってる内にだんだんと、このシルバーが言ってる意味も分かるよぅな気がいたしますねぇ(^.^)

これは皆さんにとっては犲甓爐棒睨´瓩も知れませんが、自暴自棄の傾向が残ってるんやなくて、ほぼ毎日のよぅにやってくる葛藤ですので、自然と積み重ねられてるよぅにも思うんです。


ま、そんなところにも楽しみを感じておるんですが、何と言ってもやっぱし…


 信念に燃えなさい。盲目的な信念ではなく、確実な知識に基づいた信念です。確信です。これは、古くから言われ続けてきた訓えです。もともと、わたしが申し上げていることに新しいものは何一つありません。そこで、改めてここで、それが皆さんの存在の布地に染み込むように、わたしに可能なかぎりの力を込めて、同じ言葉を繰り返します――信念に燃えなさい。
(スピリチュアリズム普及会さん『地上人類への最高の福音』P147/後ろから2〜P148/3まで引用)


これを自分の中で牾亮造忙てる瓩里大きいですねぇ(*^^)v

これは皆さんなら絶対に理解して頂けると思うんですが、とにかく「スピリチュアリズム入門」をしてからは、狎簑个鵬燭箸なる!瓩辰討いコ凌を持つことができました(^.^)


つまりは、「自由意思」の選択を失敗しても、何とかなると思い続けておったんです(笑)

爐泙世泙世海譴らの人生もあるんやから、その間の目標にしたらええやん?…

どこかこぅ思う自分が居てましたので、これをそのまま寛容だとか受け身の姿勢、調和の精神にも応用をすることが出来てきたんじゃねぇかと、多少は思う所存でもあります<(_ _)>


まぁこれも口では何とでも言えるんですが、朝の歯磨きから始まって眠るまでには何十回をも決断をしながら、皆さんも私も過ごしています。その中で霊的に思考することや判断をすることが加わっているのも事実でして、例え今言った寛容・受け身・調和であっても、精神にも関わってくる葛藤の部分ですょねぇ(^.^)

これは当然『霊主肉従への努力=葛藤』ですから、知らず知らずの内に繰り返しております。

そこに狎簑个鵬燭箸なる!瓩箸いァ嵜念の熱い棒」を突き刺しておけば、努力と葛藤そのものも、そないに苦にならないよぅに思いますねぇ。

そのための『霊的知識・真理』も学んでいますから(*^^)v


とまぁ、こちらでの新年のご挨拶は『信念』になってしまいましたけど、どぅか今年もここを覗いて頂きたいと思っております<(_ _)>

勉強項目ではないときは、どぅしても今回のよぅに犹篁瓩砲覆辰討靴泙い泙垢、それでも皆さんのためを思い綴らせて頂きますので、どぅぞ今年もお付き合いしてやってくださいませ<(_ _)>


今回もご覧くださいまして、ありがとうございました<(_ _)>


最後に改めまして…


新年、明けまして、おめでとうございます。

どぅぞ今年も、よろしくお願いいたします<(_ _)>




     正月の募集


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM